このページの本文へ

高機能ストレージ「Drobo」でデジタルライフをアップデート 第15回

メーカーの実績は? サポートは大丈夫?

お店やAmazonで見かける高性能ストレージ「Drobo」って実際どうなの?

2021年09月30日 11時00分更新

文● 山口優 編集●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

搭載したHDDが1~2台破損してもデータの復元が可能

 Droboは、搭載しているそれぞれのHDDに復旧用データを分散して書き込んで冗長性を持たせる仕組みになっている。そのためデフォルトではいずれか1台のHDDが破損してもデータは失われず、新しいHDDと交換するだけで自動的にデータが復旧される。

 3台以上のHDDを搭載している場合は、事前に設定を変更しておけば同時に2台のHDDが故障した場合でも復旧することができる。大切なデータを保存するには、まさにうってつけの外付けストレージだと言えるだろう。

いずれか1台(設定を変更すれば2台)のHDDが故障しても、新しいHDDに差し替えるだけで簡単に復旧できる

専用ユーティリティーが用意されており導入や管理が容易

 メーカーの公式サイトでは、WindowsおよびMacで使える専用のユーティリティー「Drobo Dashboard」が無償配布されている。グラフィカルなUIが採用されており、ストレージに関する知識のないビギナーでも、画面の説明や図を参考にしながら簡単にDroboを導入・管理できる。

 容量が足りなくなってきたときなど、利用しているディスクの状態を確認する必要がある場合は「Drobo Dashboard」がポップアップ表示で注意を促してくれる。そのためDroboの異常やトラブルを見逃す心配が少ないのもポイントだ。

無償の専用ユーティリティー「Drobo Dashboard」の画面。使用状況などがグラフィカルな図で表示されるため、初心者でも導入・管理が容易

一般ユーザー向けから大規模オフィス向けまでラインアップが豊富

 Droboシリーズは、用途や環境に合わせて用意された豊富な製品から最適なモデルを選べるのも特徴。現在のところ、次のようなラインアップ展開になっている。

【DAS】
Drobo 5C……2016年11月に発表された製品。手軽に購入できるモデルだが、上位モデルのDrobo 5D3などと同様に5台までHDDを搭載できるディスクスロットを搭載しており、最大64TBの容量を実現している。インターフェイスはUSB 3.0(Type-Cコネクタ)を採用。4Kn HDD対応や、停電時や電源ケーブル脱落時などでも安全に自動シャットダウンできる補助電源(リチウムイオン電池)を内蔵するなど、使い勝手のよさもDroboならでは。

Drobo 5D3……Thunderbolt 3×2ポートとUSB3.0(Type-C)で接続性を強化したモデル。Drobo 5Cと同様に補助電源を搭載しており、4Kn HDDにも対応。ディスクスロットも5つ装備しており、最大64TBの容量を実現している。

Drobo 5D3(Gold Edition)……Drobo 5D3ではオプションになっているキャッシュ用の128GBのmSATA SSDを標準搭載し、5年間の製品保証を付属したプレミアムモデル。よく使用するファイルをSSDに一時保管してアクセスを高速化できるため、よりストレスの少ないデータ運用が可能だ。

Drobo 8D……8台分のディスクスロットを搭載し、最大128TBという大容量を実現したモデル。本体背面に一般的な2.5インチのSATA SSDを装着できるスロットも設けられており、キャッシュとして利用することでデータアクセスの高速化をはかることができる。インターフェイスは最大40Gbps(理論値)の帯域幅を備えたThunderbolt 3に対応している。

【NAS】
Drobo 5N2……5台分のディスクスロットを搭載し、最大64TBの大容量を実現したスタンダードモデル。LANポートを2基備えており、ネットワーク接続を冗長化したり、ふたつのGigabit Ethernetポートを束ねて通信速度を高速化したりすることができる。2台のDrobo 5N2間でデータを自動同期させ、安全にバックアップする「Drobo DR」機能も搭載する。

Drobo 5N2(Gold Edition)……Drobo 5N2ではオプションになっているキャッシュ用の128GBのmSATA SSDを標準搭載し、5年間の製品保証を付属したプレミアムモデル。

Drobo B810n……8台分のディスクロットを備えた上位モデル。別売の2.5インチ-3.5インチ変換アダプターを取り付けたSSDをディスクスロットに装着してキャッシュとして使用することで体感スピードをアップさせられる。2基のGigabit EthernetポートやDrobo DR機能なども搭載する。

【iSCSI SAN】
Drobo B801i……中規模クラスのサーバールームへの設置に適したiSCSI SAN(Storage Area Network)対応モデル。8台分のディスクロットを備えており、最大64TBの大容量を実現している。iSCSIポート2基搭載でネットワーク接続を冗長化することが可能。

Droboシリーズのラインアップ。用途や環境に合わせて豊富な製品から最適なモデルを選ぶことができる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ