このページの本文へ

ボスによってfpsに違いが!?Ryzen&Radeon搭載FFXIV推奨PCでガッツリ性能を検証

2021年10月12日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GPUには「Radeon RX 6700 XT」を採用しているが、試用機にはビデオカードとしてMSI製「Radeon RX 6700 XT MECH 2X 12G OC」が備わっていた。このカードは、ゲームクロックが2474MHz、ブーストクロックが2620MHzのクロックアップモデルで、リファレンスよりも高いパフォーマンスが期待できる。また、こちらの動作音も、プレイ中はまったく聞こえないレベルだった。

GPU-Z(Version 2.41.0)の実行結果

一方、こちらはRadeon Softwareからグラフィックスカードの仕様を確認したところ

 マザーボードは、AMD X570チップセット搭載のASRockの「X570 Phantom Gaming 4」を採用しているようで、システムメモリはDDR4-3200 SDRAMを16GB搭載しており、十分な容量を誇る。また、ストレージは、NVMe接続されたM.2 SSDを1TB装備しており、こちらも容量面での不安はない。

CrystalDiskInfo(Version 8.12.7)の実行結果

カテゴリートップへ