• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

追加バトルスタイル「拳威」や追加ストーリー「海藤正治の事件簿」なども

本編を“ラクにする”どころじゃない!?『ロストジャッジメント』充実し過ぎのDLC内容を発表

2021年09月03日 16時45分更新

文● Zenon/ASCII

 セガは9月3日、リーガルサスペンスアクション『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』(PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One)について、ゲームの最新情報を公開した。本作は、2021年9月24日発売予定。

 今回は本編のゲームをより面白く、有利に進めるのにも役立つアイテムなどがセットになった、ダウンロードコンテンツ(以下DLC)の内容を紹介する。

以下、リリースより。

デジタル版、デジタルデラックスエディションの予約限定特典「スタートダッシュ支援パック」

 「スタートダッシュ支援パック」は、ゲームを始める際に便利なアイテムをセットにしたDLCパックです。

 歩いた距離に応じてお金が受け取れる特製インテリアや、作製・使用することでバトルを有利に進められる「仙薬」のレシピと試供品のセットなど、序盤からゲームを有利に進められるコンテンツが収録されています。

 特製インテリアや、3種の仙薬レシピは、「スタートダッシュ支援パック」限定の貴重なアイテムです。そして、この仙薬はレシピにある素材を集めることで繰り返し作製できます。

【スタートダッシュ支援パック 収録内容】

●特製インテリア「歩福の招き猫」
●回復アイテム「スタミナンスパーク」×3本
●下記3種の仙薬のレシピと、それぞれの仙薬が1回試せる試供品のセット
・「極・闘気弾の仙薬のレシピ」
・「極・炎属撃の仙薬のレシピ」
・「極舞・活力の仙薬のレシピ」

※「仙薬」はメインストーリーの3章で発生する特定エピソードをクリアするまで作製できません。
※「スタートダッシュ支援パック」は製品発売後、一定の期間を経て後日有料配信する可能性があります。

アイテムの購入やプレイスポットなどでお金が必要となるケースも多いので、特製インテリアは非常に役立ちます

仙薬は、バトル時に使うと特別な効果を発揮します。強敵とのバトルなどでは、大いに役立ってくれるはず!

デジタルデラックスエディションの追加ダウンロードコンテンツ『オールインワン・シーズンパス』

 デジタルデラックスエディションに、本編とセットで入っている追加ダウンロードコンテンツ『オールインワン・シーズンパス』では、以下の3つのコンテンツが楽しめます。
※コンテンツごとに配信日は異なります。

①バトルや遊びがより楽しくなる「探偵ライフ充実パック」

 「探偵ライフ充実パック」は、新たな女性たちとの物語が追加される「ガールフレンドストーリー」や、「仙薬」のレシピと試供品のセット、八神探偵事務所にあるマスターシステムで遊べる「追加ソフトウェア」など、八神の探偵としての活動や、生活がさらに楽しめるコンテンツセットとなっています。

【探偵ライフ充実パック 収録内容】

●下記3人のガールフレンドストーリー
・「早乙女 月乃」
・「藤堂 湊」
・「葉加瀬 響子」

●下記6種の仙薬のレシピと、それぞれの仙薬が1回試せる試供品のセット
・「極・雷切丸の仙薬のレシピ」
・「極・念動力の仙薬のレシピ」
・「極・瞬烈功の仙薬のレシピ」
・「極・真波動の仙薬のレシピ」
・「極・守護霊の仙薬のレシピ」
・「極・真覚醒の仙薬のレシピ」

●下記3種の「探偵犬」毛色チェンジ機能
・「白」
・「黒」
・「サビ」

●下記4種の「マスターシステム」のソフトウェア
・『ファンタジーゾーンⅡ オパオパの涙』
・『エイリアンシンドローム』
・『SDI』
・『ダライアスⅡ』

●スケートボード「ホバードライブ」

●スケボーパーク「オープンエア」

●ドローンフレーム「スカイスパイダー」

●プレミアムコンテンツ「ザ・ガントレット」ミッション「超・亜門」

※「探偵犬」の毛色チェンジ機能はメインストーリーの4章で発生する特定エピソードをクリアするまで使うことができません。なお、毛色をチェンジする場合は伊勢佐木異人町の「横浜九十九課」の入り口にいる探偵犬に話しかける必要があります。
※スケートボード「ホバードライブ」は、メインストーリーの1章で発生する特定エピソードをクリアするまで使うことができません。
※スケボーパーク「オープンエア」はユースドラマのストーリーを進めて、スケボーパークにアクセスできるようになってから行くことができます。
※「ザ・ガントレット」ミッション「超・亜門」は「ザ・ガントレット」ミッションをすべて出現させることで選べるようになります。

《ガールフレンドストーリー》

 「探偵ライフ充実パック」で出会うことのできるガールフレンド候補の女性たちは、いずれも個別のサイドケースを通じて知り合い、仲を深められるようになります。プレゼントをあげたり、一緒に遊んだりして彼女たちとより親密になると、それぞれのパーソナリティを深く知れる物語を楽しむことができます。最終的に彼女たちと“いい関係”を築くことができれば、バトルで応援してくれたり、特殊な技を繰り出すことも可能となります。

▼ガールフレンド紹介

早乙女 月乃(さおとめつきの)
出演:本渡 楓(ほんどかえで)さん

23歳、茨城県出身
趣味:絵を描くこと、料理

 3年前、月乃は「変態三銃士」と呼ばれる変質者に狙われ、八神に助けてもらった。その後、八神とは友人以上の関係になったものの、月乃が就職し、八神も多忙なこともありお互いにすれ違うようになり、疎遠になってしまった。

 そして現在、新たな依頼がきっかけで2人は再会することになる。社会人3年目を迎える月乃は大きな課題に直面しており、八神は月乃の仕事を手伝う形でその問題に関わっていくことになる。

藤堂 湊(とうどうみなと)
出演:立花日菜(たちばなひな)さん

20歳、北海道出身
趣味:お笑い、ネタを書く

 人の目を見て話せない人見知りな性格の女性。湊は「人と目を合わせずに済む」ということで神室町のマスコットキャラ「カムロップ」の着ぐるみを着てキャンペーン活動をするバイトを始めたのだが、着ぐるみが脱げなくなってしまい、慌てていたところを八神に助けてもらう。

 引っ込み思案な性格を直したい湊の相談に乗る八神だが、気ぐるみを着ないとまともに話せない湊の性格はいかんともしがたく、彼女に振り回されることになる。

葉加瀬 響子(はかせきょうこ)
出演:山本希望(やまもとのぞみ)さん

32歳、長野県出身
趣味:プラモデル制作

 誠稜高校に赴任してきたばかりの養護教諭。以前は不動産会社で働いていたが倒産してしまったため、一念発起し、努力の末に憧れであった養護教諭の職に就く。

 八神とは、仕事帰りの夜道で何者かの視線に怯えていたところを偶然助けられて知り合う。

《6種の仙薬のレシピと試供品のセット》

 「探偵ライフ充実パック」でしか手に入らない6種の仙薬のレシピと、その効果をお試しで1回使用できるのが試供品です。仙薬は、レシピにある素材を集めることで繰り返し作製できます。

 仙薬は、使用すると八神の周囲に光の玉が飛び回り、攻撃と防御の両方を行ってくれるものや、光の剣が与えられ、特殊な攻撃が可能となるものなど、バトルで非常に役立つものばかりです。

6種の仙薬はそれぞれ、まったく異なる効果を持っています。ここぞという時に使いましょう!

「極・真波動の仙薬」の力によってレーザーを撃つ八神。襲い掛かる敵の集団を、強力な気功波で一掃できます

《3種の「探偵犬」毛色チェンジ》

 伊勢佐木異人町の「横浜九十九課」にいる探偵犬に話しかけることで、毛色を変更することが可能です。変更できる色は「白」「黒」「サビ」の3種類。もちろん、元の毛色に戻すこともできます。選んだ毛色の探偵犬は、散歩に連れ出したり、サイドケースなどで呼び出したりすることが可能です。

《「マスターシステム」の追加ソフトウェア》

 八神探偵事務所にある「マスターシステム」に4種のソフトウェアが追加され、プレイ可能となります。追加ソフトウェアのひとつである『ダライアス』の続編『ダライアスⅡ』は、日本版としては初収録となります。

・ファンタジーゾーンⅡ オパオパの涙

 マスターシステム向けとして新たに開発された『ファンタジーゾーン』の続編で、前作の10年後が舞台。ワープを使って複数のゾーンを移動しながら、すべての前線基地をすべて破壊するとボスへのワープが可能になる。

 敵を破壊すると手に入るコインも、新たに紙幣が出現。各ステージにあるショップで強化パーツや自機を購入できる。体力アップのボトルや隠しショップなどを探索する楽しみも。

・エイリアンシンドローム

 アーケード版からの移植作となるアクションシューティング。エイリアンに占領された宇宙船を舞台に、仲間を救出しつつエイリアンたちを倒す。不気味でグロテスクな敵が多く登場する。

 プレイヤーは宇宙船内の格納庫に置かれたアイテムを取ることで強力な武器に切り替えることができ、決められた人数の仲間を救出することでボスの待つ出口が開かれる。アーケード版よりも探索要素がパワーアップしている。

・SDI

 アーケード版からの移植作となる一風変わったシューティング。宇宙空間に浮かぶ人工衛星を操り、飛来するミサイルや敵基地を、画面外に消え去る前に迎撃する。攻撃は照準を操作して、弾幕を使った爆風で破壊していく。

 各ステージは2部構成になっていて、前半の「オフェンシブハーフ」では飛来するミサイルやキラー衛星を破壊。撃ち漏らしたミサイルは、後半の「ディフェンシブハーフ」で地上に到達し、再度迎撃をする。

・ダライアスⅡ

 タイトーの人気シューティングシリーズ第2作、アーケード版『ダライアスⅡ』のマスターシステム移植版。

 海外では『SAGAIA』というタイトルで発売されたものを、本作では日本版『ダライアスⅡ』として初収録。自機「シルバーホーク」を操り、ミサイルとボム、レーザーを駆使して各ゾーンをクリアしていく。各ゾーンには、水棲生物をモチーフにした姿の巨大戦艦が出現し、シルバーホークを待ち受ける。クリア後のステージは分岐して選択することもある。

《スケートボード「ホバードライブ」》

 本編でのスケートボードを入手以降に、「八神探偵事務所」または「横浜九十九課」の宅配ボックスから、「ホバードライブ」というスケートボードを手に入れることができます。

 ホバードライブはホイールが無いスケートボードで、常に空中に浮いた状態となります。本編で入手可能なスケートボードよりも性能が大きく向上しており、かなりの速度で走ることが可能です。速度は、順位を競う「スケボーレース」はもちろん、「スケボーパーク」でのジャンプトリックの点数にも大きく影響しますので、使用すれば良い結果が期待できます。

《スケボーパーク「オープンエア」》

 「オープンエア」は、ユースドラマを「スケボーパーク」で自由にプレイできるところまで進めるとプレイ可能となり、本編のスケボーパークと同様に、浜北公園にいるスケボーグループに声をかけることで遊ぶことができます。

 屋外の施設となっており、タイヤで作成された細道や、高低差を生かした遊びが可能となっていて、本編で遊べるコースよりもスケボーポイントを多く取得可能です。

《ドローンフレーム「スカイスパイダー」》

 最強のドローンフレーム、その名も「スカイスパイダー」。「スカイスパイダー」は、街中でドローンを飛ばす時やドローンレースのミニゲーム内で使用することができます。耐久力のパラメーターがほかのフレームに比べて格段に高いため、レースで使用すれば、機体が壊れてリタイアになってしまう危険性をかなり抑えられます。

 また、コスト上限のパラメーターも最高数値を誇るため、このフレームを使ってさえいれば、ハイコストなプロペラやモーターなどのパーツも自由に装着可能です。

《プレミアムコンテンツ「ザ・ガントレット」ミッション「超・亜門」》

 「ザ・ガントレット」は、さまざまな条件がついたバトル、アスレチック、スティール、チェイスなどのミッションを遊べるモードです。このDLCでは、強敵「超・亜門」を制限時間内に倒す高難度のバトルミッションを行なうことができます。

 次々に繰り出される強力な亜門の技を見切り、撃破を目指しましょう! このミッションのクリアでしか手に入らない報酬もあるので、ぜひチャレンジしてください。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう