前へ 1 2 3 次へ

第6回 VAIO Z購入記、買ったからには徹底的に使いこなしてレビューする

企業でよりセキュリティーを強固にするための仕組み

Windows 11で話題になったTPM 2.0、CTOの選択は必須?

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO ZでWindows 11を使いたいだけなら、TPMは必ずしも必要ない

 VAIOストアでは、VAIO Zに限らずVAIO製品では、TPMモジュールを搭載するか否かの選択肢が用意されている。これはファームウェアによるTPMではなく、物理的なチップでセキュリティーを確保したい企業向けに用意されている項目だ。Windows 11を使いたいというだけであれば。特に選択する必要はない。購入時に「これを選択しなかった」と思っている人がいたら、その点は安心してほしい。筆者のVAIO ZもTPMモジュールは選択せずに購入したものだ。

VAIOストアでの購入時にTPMの選択肢がある。Windows 11を利用するという点では、特にこれを選択する必要はない

 今後、Windows 11の正式版では、どういうスペックのマシンが要求されるかはわからない。ただ現時点では最近のモデル、マイクロソフトが公開している対応CPUであれば、少なくとも第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したモデルを購入しているのであれば、Windows 11へアップグレードできるはず。

 先日ISO版も登場しクリーンインストールや仮想マシンへの導入も可能になり、米国ではようやく互換性確認ツールもWindows Insider向けに再公開された(日本のWindows 11サイト上を含め一般公開は近日予定)。正式版の登場に向け準備万端にしておきたい。

米国マイクロソフトのWindows Insiderのサイトでは、ツールを再公開。日本語で使える

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月