第12回 VAIO Z購入記、買ったからには徹底的に使いこなしてレビューする

快適なモバイルワークをするための必須アイテム

VAIO Zにピッタリなエース製リュック「ガジェッタブルDP」を使ってみた

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

愛用のバッグが薄汚れてきたので新しいバッグが欲しい

 VAIO Zを購入して1年経つが、VAIO Zを持ち歩くためのバッグはVAIO S12の頃から使っているものをそのまま愛用している。カメラも入るサイズなので、使い勝手はいいものの、長年使ってきたためかなり劣化してきた。ちょっと汚れも目立つようになり、ここはVAIO Zを納める快適なバッグの購入を検討しようと思う。

 コロナ禍により、パソコンを持ち出して仕事をするという機会はめっきり減ってしまったが、これまで使って来たのと同様に、クルマで移動しても電車で移動しても扱いやすいリュックタイプのバッグが希望だ。小さめでありながら、意外と収納力があるとなおいい。

 そこで目をつけたのが、VAIOストアのみ数量限定販売のエース製リュック「ガジェタブルDP」だ。VAIOは、これまでもエースとコラボしたモデルを販売してきた。以前、「デュラテクトV」をお借りしたことがあったが、VAIO Zを収納しやすく、ノートPCの持ち運びに配慮した作りでなかなかよかったのだが、価格が5万4780円ということもあり二の足を踏んでいた。

VAIO✕エースの特別仕様「ガジェタブルDP」13Lタイプ/ネイビー

 2022年3月に新たに登場したガジェタブルDPは、13Lタイプと15Lタイプの2種類の容量、ブラックとネイビーの2色を用意。価格は、13Lタイプが3万7400円、15Lタイプが3万9600円とデュラテクトVよりお求めやすくなっている。今回のレビューでは、VAIOからお借りして試用してみたが、かなり気に入ったので購入する予定だ。

約10cmの厚さで取り回しのいいサイズ感がいい

 サイズは極力小さいほうがよく、13Lタイプを選択。バッグは黒があまり好きではないので色はネイビーだ。13LタイプはVAIO Zなどの14インチワイドまで入るとしている。実際VAIO Zを入れてみたが、ピッタリだった。

ノートパソコンは、ショルダー側に専用気室を用意。キズがつかないように内側がパイル生地の収納部を備え、上からでも横からでも取り出せるようになっている。背負ったままノートパソコンを取り出すこともできる

 本体生地は軽くて丈夫な帆布にポリカーボネートPUコーティングを施し、撥水性に優れたものを採用。雨の時に染み込むのではなく弾いてくれるのはありがたい。サイズは約28(W)×10(D)×39(H)cm。厚みがあまりないので、電車内での取り回しがしやすそうだ。

厚さが10cm程度なので、電車内などで取り回しがいい。筆者は仕事で移動する際は極力小さなバッグが理想なので、このサイズ感はかなり好みだ

 そのぶん、収納できるものが限られてくるが、気になっていたカメラは小型なものならギリで入った。これなら仕事で使うのに十分だろう。

メイン気室に、カメラが入いるかどうか気になったが、手持ちのα7R IVとタムロンのレンズを入れてみるときちんと入った。仕事のときはより小さいα6400を持ち歩くほうが多いので、十分入るスペースがある。書類の入るポケットやアダプターやケーブルを入れる上部のポケットもあるので、筆者としては収納力に問題ない

 ハンドルが上部とサイドについており、その場の状況に合わせて縦持ち横持ちができるのもうれしい。ハンドル部分は牛革を使用しており、持ったときの手触りもいい感じだ。

上部のハンドル。牛革でフィット感もいい。VAIOのロゴも入っている

500mlのペットボトルが収納できるのがうれしい

 収納は、いろいろとポケットが付いていて、小物を振り分けて収納できる。サイドポケットに、500mlのペットボトルを入れられるようになっているのもありがたい。いつも飲みかけのペットボトルをどうしようと悩んでいただけに、欲しかった機能の1つだ。

メイン気室には、メッシュ状のポケットとファスナー付きのポケットを用意。小物類などを入れておける

外側にもいろいろとファイナー付きのポケットがあり、すぐ取り出したいもの、そうでないものと使い分けができそう。ファスナーは固定できるセミオートマチックスライダーを使用している

500mlのペットボトルがすっぽり入るポケットを用意。メイン気室内に収納されるが、飲みかけのペットボトルを持ち歩くとき非常に便利。背負ったママでも取り出せる

メイン気室内からもペットボトルは出し入れ可能。キャップはしっかり締めておかないと大惨事になるが面白い仕組みだ

 背負い心地もよく、チェストベルトがなくてもズレ落ちることもなく、フィット感を保ってくれる。まだ春先なので夏場に背負い続けたとき背中が蒸れるかどうかはわからないが、メッシュ加工されているので、ある程度は軽減してくれそうだ。

肩への負担もそれほど大きくなく、フィット感の高い背負い心地

 ガジェッタブルDPは、エースでもビジネスリュックとして販売されており、価格も同じ。VAIOユーザーであれば、ロゴがあしらわれているVAIOストア限定の特別仕様を選ぶべきだろう。今月はちょっと税金とか年金とか引き落としが多いので、来月購入したい(数量限定だから残っているといいな)。

VAIOのロゴはショルダーベルト部分にもある。VAIOユーザーならこれを選ばない手はない

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月