このページの本文へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第17回

Apple Watch「新watchOS 8」パブリックベータ、集中モードやマインドフルネス試した

2021年07月09日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple Watchから集中モードの選択設定が素速くできる

iPhoneの新機能「集中モード」をApple Watchでコントロールする

 次期iOS 15にはユーザーが集中したい時間帯に、アップルデバイスから届けられるアプリの通知、連絡先からの通信を絞り込める新機能「集中モード」が追加される。

集中モードのカスタマイズはiOS 15の設定メニューから設定する

 iPhoneから詳細を設定できる集中モードは、「おやすみモード」「パーソナル」「仕事」「睡眠」の4種類。集中モードにセットしてもなお通知を許可したい連絡先、アプリの選択や集中モード選択時のホーム画面/ロック画面のカスタマイズ等についてはiOSの設定から行わなければならない。Apple Watchがあれば、集中モードのオン・オフやモードの切り換えが素速くできるので便利だ。

寝ている間の呼吸回数をApple Watchで計測する

 watchOS 7から新たに「睡眠」アプリが加わり、Apple Watchを身に着けた状態での睡眠時間と就寝時間(眠ろうとして寝床に横になっている時間)のトラッキングが可能になった。Apple Watchが睡眠習慣の改善を図るためのアドバイスを積極的に知らせてくれることはないが、ヘルスケアアプリに集まるデータから自分の睡眠履歴を可視化できるようになると、自ら質の高い睡眠を追求したくなるものだ。

 新しいwatchOS 8から、Apple Watchやその他の睡眠記録用のアプリ、ハードウェアから取得したヘルスケアデータを友だちや家族に共有できる機能が加わる。その中には睡眠習慣の記録も含まれる。離れて暮らす家族の睡眠習慣を見守る用途に使えると思う。

「寝ている間の呼吸数」がwatchOS 8から計測できるようになる

 さらにwatchOS 8から「寝ている間の呼吸数」も新たに記録できるようになる。これは健康状態を知るための有用なバロメータになりそうだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中