このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

【7月の劇場アニメ】細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』に、Fate/Grand Orderはついに最後の作戦へ

2021年07月03日 14時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コロナ禍の影響で大渋滞となっている新作公開も怒濤の勢い。公開延期となっていた『100日間生きたワニ』や『サイダーのように言葉が湧き上がる』がいよいよ公開。

 また、細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』や『Fate/Grand Order』の終局特異点 冠位時間神殿ソロモン、富野由悠季総監督による劇場版『Gのレコンギスタ』5部作の3作目などのほか、TVアニメがスマッシュヒットとなった『PUI PUI モルカー』の劇場版も登場する。

2021年7月劇場アニメ 紹介作品

もう、ひとりじゃない。
「竜とそばかすの姫」

作品解説
50億人がすれ違う美しくも残酷な仮想世界。
ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、<As(アズ)>と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

スタッフ
原作・脚本・監督:細田 守
企画・制作:スタジオ地図
メインテーマ:「U」(millennium parade × Belle)

キャスト
中村佳穂
成田 凌 染谷将太 玉城ティナ 幾田りら
森山良子 清水ミチコ 坂本冬美 岩崎良美 中尾幸世
森川智之 宮野真守 島本須美
役所広司 / 石黒 賢 ermhoi HANA

上映情報
7月16日(金)全国にて公開!

公式サイトURLhttps://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/
Twitterアカウント@studio_chizu

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ