• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アジアでは2021年10月14日に発売

セガ、家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』をアジア・欧米向けに発売決定

2021年06月28日 16時40分更新

文● Zenon/ASCII

 セガは6月28日、TVアニメ「鬼滅の刃」を原作とする家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』[PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X|S/PC(Steam)]について、アジア地域では2021年10月14日[PC(Steam)版のみ10月16日]に、北米およびヨーロッパ地域では2021年10月15日にそれぞれ発売すると発表した。

 なお、日本国内においては、アニプレックスが販売を担当する。発売日はアジアと同じく、2021年10月14日。

■家庭用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」第2弾PV

以下、リリースより。

繁体中文版ロゴ

英語版ロゴ

 家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は製作および日本国内の発売をアニプレックス、開発をサイバーコネクトツーが担当しており、セガはアジア地域(台湾・香港・韓国・東南アジア諸国)と北米およびヨーロッパ地域(アメリカ・カナダ・イギリス・フランスなど)における発売を担当し、話題のタイトルを世界に広くお届けする役割を果たします。

 セガは各地域に持つ独自の販売網を通じて現地ニーズに合致した販促活動の実施に加え、速やかで安定的な商品の供給を実施します。

 セガでは日本の開発スタジオによる自社IPや国産コンテンツの海外展開を積極的に行なっており、これを支える販売網の拡充に努めています。今回の取り組みはこの一環として行なうもので、国内のみならず、全世界で大きな話題となっているTVアニメ「鬼滅の刃」を原作とする家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』の海外に向けた展開の一翼を担います。

 今後も自社IP含め国産コンテンツを世界中のより多くの方々にお届けすべく努めていきます。

家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』について

 アニメ「鬼滅の刃」を原作とするアクションゲーム。アニメ「鬼滅の刃」で描かれた「竈門炭治郎 立志編」から「無限列車編」までのストーリーを、サイバーコネクトツーによるゲーム表現とシンプルな操作性で、プレイヤー自身が竈門炭治郎となり追体験できるソロプレイモードに加え、アニメ「鬼滅の刃」にて戦うシーンが描かれたキャラクターをはじめ公式スピンオフアニメに登場したキャラクターなどを操作して戦うバーサスモードが実装されます。

 このバーサスモードでは、オフラインまたはオンラインで最大2名が遊べ、竈門炭治郎や竈門禰豆子はじめアニメ本編に登場するキャラから2キャラを自由に組みあわせた2vs2の対戦を、シンプル操作で爽快感のあるプレイで楽しむことができます。

※「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記となります。

 

【ゲーム情報】

タイトル:鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚
ジャンル:鬼殺対戦アクション
製作・販売(日本国内):アニプレックス
販売(アジア・欧米・ヨーロッパ):セガ
開発:サイバーコネクトツー
プラットフォーム:PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X|S/PC(Steam)
発売日:
 日本国内・アジア版 2021年10月14日 ※PC(Steam)版は2021年10月16日発売
 欧米版 2021年10月15日
価格:
 通常版:8360円(パッケージ/ダウンロード)
 デラックスエディション:9900円(ダウンロードのみ)
プレイ人数:1~2人(オンライン対応)
CERO:C(15歳以上対象)

※バーサスモードでのオンラインプレイを楽しむにはPlayStation Plus(有料)またはXbox Live Gold(有料)への加入が必要です。
※オンライン機能を利用するためには、最新のパッチを適用いただく必要がございます。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう