このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【FANZA GAMESプレイ日記】 第77回

最初から男の娘を実装した訳など、裏話も飛び出したインタビューも掲載!

秘密のシステムにより返答がリアル!?美少女と会話やチャットができる新感覚恋愛ゲーム『プラスリンクスR』プレイレポ

2021年07月27日 20時00分更新

文● 齋藤直樹 編集部●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

チャットの返信はプレイするほど
精度が高くなる秘密のシステムを導入!?

 本作は、FANZA GAMESを運営する合同会社EXNOAが企画制作を行ない、開発運営はカーズ株式会社が行なっている。今回、本作において疑問に思ったことや気になることを、合同会社EXNOA パブリッシュ事業部長 永野義彦氏と、カーズ株式会社 ディレクター 湊 江哉氏(以下、敬称略)に話を伺った。

――本日はよろしくお願い致します。では、最初にこういったゲームジャンルを開発しようした経緯を教えて頂けますでしょうか。

永野 恋活や出会い系など、ウェブ上に出会いの場があって、そこで女の子たちと触れ合うような機会をゲットして進展していくものが作れたら面白いかなぁ~と思ったのがきっかけです。最初は、出会い系みたいなものをゲーム化する、というシンプルな発想から立ち上げました。
 そこから企画を練っていったのですが、最初はこういう女の子がいますよと、いろんな女の子を並べて、好きに会話だけガンガンしてもらう、疑似恋人という立ち位置のキャラをいっぱい用意するというのはどうかな、と考えていました。しかし、もっとストーリーをしっかり入れて、古き良き美少女ゲームみたいな世界観を取り入れつつ、キャラ性も取り入れつつ、女の子ごとの筋書きを入るなかで、フリートークも入れて進めていく方向性となりました。

女の子との出会い方もいろいろ。女の子たちは個性豊かななので、いろんな女の子との会話を楽しみたくなる

 20代から40代までの方が、慣れ親しんだ、美少女ゲームファンがプレイしても納得のできる恋愛アドベンチャーとして構成しつつ、自由な対話ができるのが理想、という目標は達成できているのではないかと思っています。

永野 実際にFanzaのゲームをプレイしているユーザーは、そういった年齢層が多いので、ぴったりくると思いますし、システム的にも新しく感じて貰えると思います。また、サブターゲットとして若い人やこういったゲームがネタ的に面白いといった人が、参加してくれると嬉しいなと思っています。

――返信がすごくリアルですが、これはどういった仕組みで実現しているのでしょうか?

永野 チャットで返信するようなゲームは、今までもあって既存作の中には、手動返信かもしれないと思ったものもありますが、本作ではユーザーさんがプレイすればプレイするほど精度が高くなる秘密のシステムを導入しています。毎回返信が異なるので、何度でも遊べる美少女ゲームファンに刺さるゲームとして作っていき、サービス体系もしっかりして、このジャンルで今までなかったクオリティーになるようチャレンジしてきたいと思っています。

――返信の早さについて、気にする人が多いと思いますが、どのように運営していくのでしょうか。

永野 初めてのサービスなので、どれぐらいの人が同時にプレイしてくれるのかが分かりません。なるべく最初は早期に対応できるようにしたいのですが、場合によっては、一部ご利用を制限するかもしれませんし、そこまではしないけれど返信にタイムラグが出てしまうなど、そこは状況次第だと思っています。特に最初は、事前登録などで待っているお客様が一気にプレイされると思うので、安定稼働に入った時にある程度クオリティーや速度をキープできるようにしたいと思っています。新機軸という意味では、そうした対応もチャレンジになります。

――サービス時間は何時から何時と決まっているのでしょうか。

永野 サービス時間は朝の7時から夜の12時までとなっています。女の子たちはリアルを追求していますので、深夜は寝ています。

――返信の目標値は、どれぐらいを想定しているのでしょうか。

永野 ひとりのプレイヤー様にずっと返信し続ける訳ではないので、一通辺りという考え方になるのですが、45秒から1分の間で返したいと考えています。大目標として30秒を目指したいですが、プレイヤー人口によっては、返信の反映までにタイムラグが発生しますので、流入の多い初動では難しいだろうと思っています。同時接続数にも大きく影響されるので、そこは検証しながら測る必要があるな、とは感じています。

――非常に個性的なキャラクターがいらっしゃいますが、今後も増えていったり、イベントなどもあるのでしょうか。

永野 新キャラの追加は当然あります。また、短期で頻度高く刻んでいくイベントの計画もあります。また、今はキービジュアルにあるように現代日本を模した町の中で女の子たちと出会うというのが主軸なんですけど、そのうち全然なんでもありの世界にしようかとも思っています。チャットのイベント単位でひとつの世界を構築できるので、そういった女の子たちが異世界に飛んだりと、だんだん何でもアリにしていきたいです。そういったひねった設定のなかで楽しんでもらったりとか、機能的な面白さを取り入れるとか複合的な要素を盛り込んでいきたいですね。

――プラットフォームはブラウザーのみになるのでしょうか?

永野 弊社の自前のアプリストアにAndroidのR18版も最初から投入します。ブラウザーもPWA(プログレッシブウェブアプリ)を導入し、ブラウザーなんですけどもアプリ感覚で楽しめるようにしていきます。そこも新しいところですね。

PCでは横画面だが、スマホでは縦に表示される。UIもスマホに最適化されているので、自宅ではPC、外出先ではスマホでと、いつでも快適に楽しめる

――基本ストーリーを追うことになると、プレイヤーによってははストーリーを読み切って、ボリューム不足に感じる人もいるのではないでしょうか?

永野 人を選ぶゲームだとは思いますが、ストーリーは結構長いので、全部カンストするにはかなりの時間を有すると思います。ストーリーを追いながら、会話にハマっていく方がどれぐらいいるかが勝負になるかと思っています。

 メインストーリー15話クリア後も、実はアフターストーリーという機能があります。このアフターストーリーでは、フリートークが展開され、毎回同じ会話にはならないので、プレイヤー様各々のストーリーを紡ぐことが出来るものとなります。
 あと、本作では最初、後袋という町中で話が展開するのですが、キャラクターにも相関関係があります。あるキャラクターとの会話を進めていると、他のキャラクターが登場して別の一面が見れたりするので、他のキャラクターをプレイして、推しの女の子の裏の話が見れたりといった素敵な構造になっていると思います。
 たとえば、ある特定のキャラクターがゲーマーなんですが、そのキャラクターのライバルがいて、その娘が実は新登場のキャラクターです。など、他にもキャラクターと相関関係のあるキャラクターが登場するような形にしていきたいと思っております。

――王道の美少女ゲームなどでは、サブキャラクターの女の子が人気があって、追加パッケージで攻略キャラクターとして登場するような形でしょうか。

永野 そこはプレイヤーの皆様の状況を鑑みて、決めていければなと思っているところもあります。

――キャラクターもいろんな立場、容姿の娘が揃っていますよね。プレイアブルキャラクターに男の娘がいたことにも驚きました。

 リリース時に男の娘を入れたいという願望がありました。プレイヤー様には、あらゆる好みに出来る限りお答えできればと思っていました。また、FANZA GAMESのゲームの中に、男の娘ってあまりいないんですよね。
 全年齢のアニメやゲームですと、男性か、女性かわからないという部分に焦点があたるような男の娘はいるのですが、この北斗くんというキャラクターは、よく見ると肩幅は広いし、僧帽筋の筋もあり、へその位置も裸になると女性と違ったりと、男性だけれど女性の心を持った、男の娘と恋愛するという部分で、男の娘が好きというプレイヤーの皆様方に温かく向かい入れられるような子に感じて貰えればと思っています。

よくよく見ると切れ長の目に広めの肩幅と、中世的な雰囲気を醸し出す「遥彗 北斗(ながえ ほくと)」ちゃん。主人公の大学時代の知人で、女性物の服装をしているが肉体的には男性。開発のコダワリがストーリーにどう反映されているかも注目だ

――めちゃくちゃ語りますね(笑)。確かに、よくよく見ると他の女の子と違った男の娘っぽい雰囲気がありますね

永野 絵作りは苦労しましたね。そこはディレクターが大分コダワっていますね。王道のように見えて攻めている匂いを感じて貰えると嬉しいですね。弊社では過去の傾向からロリっぽい娘の人気があるのですが、そうした娘も入れつつ、さまざまな個性のある女のコがいますので、どの子が受け入れてもらえれるか、見守ろうと思っています。

――60文字と割と送れるコメントが多いですが、その会話の中で今マップにある場所以外の施設などが出てきた場合、行けるようになったりするのでしょうか。

永野 背景絵は多めに用意していますので、そういったこともプレイヤーとの会話の中で多ければ検討することもあるかと。ある種大喜利のような形だと思っているので、その掛け合いを繰り替えし、精度が上がっていければと思っています。
 また、既存のゲームもかなり多めに文字量が入力できるので、ダウングレードにならないよう文字量を多くしています。実際に女の子たちと会って話すシーンと、チャットで話すシーンと使い分けもあります。テンポのよい会話はチャットで楽しんで貰ったりと没入感も配慮しています。

――文字量が多いとセクハラめいた返答に困るコメントを送ってくる人もいると思うのですが、親密度のダウンなどはあったりするのでしょうか。

 基本親密度のダウンはやらないです。基本的にはプレイヤー様には心の拠り所になって貰えればと思っていますし、女のコたちは好意的なので親密度はどんどん上がって行きます。ただ、罵詈雑言のような行き過ぎた言葉を浴びせてくる方には返答しないですよ、とはゲーム画面上で注意文があります。

永野 R18作品なので、会話の流れの中ではある程度TPOを無視しても多少の受け答えはしようかとも思っています。

――課金要素はコインのみですか?ガチャ要素はあったりするのでしょうか。

 

永野 コインに集約しています。コインを使ってコメントの受送信を繰り返していくとマイルというのが貯まっていきます。このマイルで回すガチャ、フレンドポイントガチャみたいなものですね、それを回すとユーザー様へのお返しとして、ブーストアイテムや無償コインが入手できます。その他、親密度が上がるアイテムですとか、女の子のランキングがあるのですが、そのランキングを押し上げるアイテムなどが入手できるパック商品の販売があったりします。

――季節ごとに水着などの衣装を求めるユーザーもいると思いますが、そういった衣装をガチャで追加するなども考えていたりするのでしょうか。

 夏とか冬とか季節イベントで女の子たちの別の一面を見せられればとは考えています。

永野 今のところ本作では、有償ガチャでの提供は考えておりません。R18シーンもストーリーを進めたら確実に閲覧できるようにしています。 着せ替え要素は考えていますが、どう提供するのがよいか今後、考えながら追加していきたいと思っています。

 なので、時間はかかりますが無課金の方でも全ストーリーを楽しむことが出来ます。

永野 いろんな女の子に触れて欲しいので、共通コインだけでなく、女の子専用のコインも用意しています。使わないと勿体ないので、専用コインでいろんな女の子を見て頂き、意外とイイと思ったら進めて貰うといった機会を設ける仕組みを用意しています。

――最後にユーザーさんに一言頂けますか。

 美少女ゲームファンの方、チャットゲームファンの方でゲームでリアルな恋愛をしたい、恋をしたいという方に向けたゲームとなっております。皆様に楽しんで頂ければ幸いです。

永野 FANZA GAMESの中では新機軸になっていますので、ぜひ直接遊んで確かめて貰いたいです。

――人によってコメントも異なるので、実況配信などをしても盛り上がりそうですね。本日はありがとうごじました。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事