このページの本文へ

【FANZA GAMESプレイ日記】 第77回

最初から男の娘を実装した訳など、裏話も飛び出したインタビューも掲載!

秘密のシステムにより返答がリアル!?美少女と会話やチャットができる新感覚恋愛ゲーム『プラスリンクスR』プレイレポ

2021年07月27日 20時00分更新

文● 齋藤直樹 編集部●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自由なメッセージで作り上げる自分だけの物語

 さて、ゲームの仕組みはだいたい掴めたが、せっかくのテストプレイなのでここはもう少し色々と試してみたいところ。ガチャで当たるヒロイン別コインはランダムなので、全ヒロインを同時攻略するのが定石になると予想される。そこで、2人目のヒロインの物語も見てみることにしてみた。

全ヒロイン同時攻略可能なので、さっそく2人目のヒロインを攻略開始

 飯を食いに出かけた駅前で偶然出会った月島想ちゃんは激辛大好き系妹キャラ。目当ての激辛ラーメン屋が見つからずに迷っていた彼女を店に案内し、一緒にご飯を食べるという流れで知り合う。

激辛ラーメン屋を探して迷子になっていたヒロインと出会う

 入店した激辛ラーメン店で、自分の激辛好きが女の子としておかしくないか気にしている様子の月島想ちゃん。彼女にかけてあげる言葉が、最初の自由文入力だ。ちゃんと「そんなことないよ」って言ってあげよう。

なぜかとっさにサムライ言葉になってしまった

 ここで爽やかに優しい言葉でもかけてあげればよかったのだが、ふとイタズラ心が沸いてしまって、つい無駄にキャラクターを作ってしまった。果たして、突然の無茶ブリにはどう応じてくるのか?

アホなキャラ付けに対しても、とてもヒロインらしい良レスポンス!

 ご覧の通り、なかなか可愛らしい反応が返ってきた。これには思わずニヤリ。それはそうと、この後すぐプレイヤー側からの自由入力になってしまったのだが、普通に返されたせいで逆にこっちが苦しいという事態に!

始めてしまった以上は仕方がないので、頑張ってこのキャラで押し通す! アホでごめんなさい!

 無茶ブリトークを展開したつもりで自縄自縛に陥ってしまったが、出会いイベントはなんとか乗り切った。最終的にはやはり「プラスリンクス」のアドレスを交換して別れ、この後はチャットに移行して交流を続けることになる。

対面イベント終了後は、チャットアプリでヒロインと言葉を紡いでいく

 対面イベントではシチュエーションが決まっていて、自由文入力は一部に絞られていたが、チャットでは基本的にプレイヤーの自由文入力と中の人のレスポンスでゲームが進行していく。おそらく定型文と思われる展開は、対面イベントからのつなぎとなる導入部と、次の新展開へ移行する部分に限られるようだ。

チャットでもメッセージの送受信でコインを支払い、親密度や「マイル」を獲得する

親密度が上がってくると、担当声優によるボイスメッセージが送られてくる

 こうして親密度を上げていくと仲が進展し、次のデートイベントが発生する。

親密度がたまると次のイベントへ。月島想ちゃんの2段階目ではお姉ちゃんの月島花澄ちゃんが登場!

 ここまでで見てきたようなプレイヤー側がキャラ付けして遊ぶというパターンを運営側が想定していたかどうかはわからないが、実際にやってみた感触としては、コメントのレスポンスも好感触。

 リアルタイムチャットというこの新機軸のシステムは、普通に自然体の受け答えをしていてもプレイヤーの数だけ物語があるし、遊び方次第でそれ以上に色々と可能性がありそうだ。自分の理想のギャルゲー主人公を演じきってもいいし、お笑いに走って返答を楽しんでもイイ。

 ただ、キャラを作るのは入力する側も結構シンドイということだけは言っておく。最後まで続ける自信がないなら、飾らない自分自身で臨んだ方がいいかもしれない。

ストーリーを進めればラブシーンも!?

 本作は一般版もあるが、今回紹介するR18版の『プラスリンクス ~キミと繋がる想い~R』なら、ヒロインとの関係が進んでいくと、肉体的に結ばれるラブシーンが楽しめる。RPG要素のあるR18タイトルでは、特別な戦闘後またはキャラクターの親密度を一定数上げるとシーンが解放するが、本作ではそうしたラブシーンに至るまでのドラマを味わった上での行為となるため、盛り上がること間違いなし。純愛系ゲームの王道を期待できるタイトルといえるだろう。

女の子と出会う前の夢の中という設定ながら、チュートリアルからそういうシーンをチラ見せしている

ラブシーンはスチルとフルボイスで展開される。いろんなシチュエーションがあるようなので、とても気になるところだ

カテゴリートップへ

この連載の記事