• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

射影機(しゃえいき)を頼りに幽霊と戦うホラーゲーム

和風ホラーADV『零 ~濡鴉ノ巫女~』がマルチプラットフォームで2021年に発売決定

2021年06月16日 14時35分更新

文● Zenon/ASCII

 コーエーテクモゲームスは6月16日、開催中のオンラインイベント「E3」の配信番組にて、2014年にWii Uで販売された和風ホラーアドベンチャーゲーム『零 ~濡鴉ノ巫女~(ぜろ ~ぬれがらすのみこ~)』のリマスター版の発売を発表。

 対応機種は、Nintendo Switch/PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)のマルチプラットフォーム。発売時期は2021年に決定した。

■ティザートレーラー

以下、リリースより。

 本作は、2014年に発売された『零 ~濡鴉ノ巫女~』を現世代機にあわせてグラフィックスをアップグレードしたリマスター版です。マルチプラットフォームで幅広くお楽しみいただけるほか、新コスチュームの追加やキャラクターや霊を配置し、ポーズを指定した撮影が楽しめる「フォトモード」が追加されます。

 本作についての詳細は、本日公開したティザーサイト(https://www.gamecity.ne.jp/zero/maiden/)、および公式Twitterアカウント(@project_zero_kt)にて随時公開してまいります。

『零 ~濡鴉ノ巫女~』とは

 「零」シリーズは、2001年12月13日にテクモ(現コーエーテクモゲームス)より第1作目『零~zero~』(Playstation 2用ソフト)が発売された、「射影機(しゃえいき)」というカメラを使って実体のない幽霊たちと戦う、和風ホラーの金字塔ともいえるホラーアドベンチャーゲームです。

 『零 ~濡鴉ノ巫女~』は、2014年にWii U用ソフトとして発売された、「零」シリーズ5作目のタイトルであり、映画や小説、漫画など多数のメディアミックス展開も話題となりました。シリーズ20周年の節目となる今年、アップデートされた美しいグラフィックスで、恐怖がふたたび蘇ります。

物語

「日上山(ひかみやま)」はかつて霊場として崇められ、
その周辺には特殊な信仰が伝えられていた。

この山では、「水」を御神体とし、
「人は水から生まれ、水へ還る」という、
輪廻(りんね)の教えがあった。

その為、この山には「死を迎える者」が訪れ、
この山の水に触れて最期を迎えることで、
正しく命を終えることができると信じられていた。

また、特異な儀式や風習が残っているとされ、
陰惨な事件や不思議な出来事があった事も
多数報告されている。

物語は、霊山と呼ばれる「日上山」を舞台に
不来方 夕莉(こずかた ゆうり)、
放生 蓮(ほうじょう れん)、
雛咲 深羽(ひなさき みう)の
3人によって織り成される怪異幻想譚である。

ゲームの内容

 本作の操作キャラクターたちは、死の山として畏れられている「日上山(ひかみやま)」にとらわれ消えてしまった人々や物を探し出すため、さまざまな場所を探索することになります。

 懐中電灯の僅かな光と、ありえないものを写すカメラ「射影機(しゃえいき)」を頼りに、次々と襲い掛かってくる幽霊たちを撃退していきます。それぞれの思いを持って探索を進める中、紐解かれていく謎の先に待ち受ける結末とは――

射影機(しゃえいき)

 撮影することで怨霊を撃退し、封じ込める力を持つという古いカメラ「射影機」は、本作に欠かすことのできない重要なアイテムです。強化レンズを装備したりフィルムを交換したりすることによって、強力な撮影を行なうことができるようになります。

 怨霊を撮影した際に弾け飛ぶかけら「霊片(れいへん)」や、怨霊が間近に迫った時などに発生する「フェイタルフレーム」を撮影すると、怨霊に大きなダメージを与えることができます。また、「目に見えないもの」を写し出し、失くしたものを探す手がかりを得られることもあるので、探索や謎の解明においても大きな役割を担います。

影見(かげみ)

 日上山の周辺地域にのみ伝わる、消えた人や物が遺した「寄香(よすが)」と呼ばれる手がかりに触れると、過去の影「残影(ざんえい)」を感じることができる特殊な力です。白く浮かび上がる「残影」を辿りながら、消えてしまった人を追い、謎を紐解いていくことになります。

看取り(みとり)

 怨霊が消滅しかけている時などにその姿に触れることで、怨霊たちがなぜ命を絶ったのか知ることができる能力です。探索中に気になるものに触れようとして、幽霊に触れられてしまう場面もあるかもしれません。

リマスター版の特徴

 『零 ~濡鴉ノ巫女~』では、現世代機でお楽しみいただけるよう、いくつかの変更を加えています。

「フォトモード」の追加

 キャラクターや霊にポーズをつけて配置し、画面写真を撮影できる「フォトモード」を実装いたします。ゲーム内で怖かった場所で、思い思いのシチュエーションを作り上げることができます。もしかしたら、思いもよらない心霊写真が撮影できるかもしれません。

キャラクターコスチュームの追加

 オリジナル版から一部のコスチュームのラインナップを変更し、新たに夕莉や深羽、蓮の衣装を用意しました。キャラクターの衣装を着せ替えることで、違った雰囲気での探索をお楽しみいただけます。

グラフィックスの最適化

 本作は、プラットフォームにあわせてグラフィックスを高解像度化しました。懐中電灯や水の表現が向上し、よりリアルになったことで、迫りくる恐怖をさらに身近に体験していただくことができます。

 

【ゲーム情報】

タイトル:零 ~濡鴉ノ巫女~
ジャンル:和風ホラーアドベンチャー
販売:コーエーテクモゲームス
プラットフォーム:Nintendo Switch/PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox Series X|S/Xbox One/ PC(Steam)
※PlayStation 5/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)はダウンロード版のみ
発売日:2021年予定
価格:未定
CERO:審査予定

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう