このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信 第550回

5Gが使えるプリペイドSIMが香港でついに発売、約1500円から

2021年06月11日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プリペイドSIMで香港の5Gを試す

 世界各国で5Gサービスが始まっていますが、新型コロナウィルスの影響もあり利用者はまだあまり多くないようです。5Gの料金は4Gより高く設定しているキャリアも多く、利用エリアが狭いことも5G加入を踏みとどませている要因になっているのでしょう。

 筆者の居住する香港では2020年4月から5Gサービスが始まり、約1年が経ちました。2021年5月からはMVNOの5Gサービスも開始され、より安い料金で5Gを使うことができるようになったのです。そして6月からはいよいよプリペイドSIMカードも5Gに対応し、契約不要で5Gを使うことができるようになりました。

 5Gの使えるプリペイドSIMカードはMobile Duck/鴨聊佳というブランドのもの。香港のキャリア、中国移動香港が販売しているもので、いくつかの種類がありますが中国大陸(中國内地)と香港で共用できるタイプのもの。製品は3種類あります。

  • 15GB/年:218香港ドル(約3100円)
  • 12GB/年:198香港ドル(約2800円)
  • 3GB/15日:108香港ドル(約1500円)

Mobile Duck SIMカードのうち、この3種類が5Gに対応

 香港のプリペイドSIMはキャリア自らが割引販売をしており(オンライン販売のみ)、街中のスマートフォンショップやSIMカード販売店などではかなり安く売っています。筆者も深水埗の桂林街にあるSIM屋台で15GBタイプを定価よりも安い、150香港ドル(約2100円)で購入しました。

SIM屋台なら格安で購入可能。15GBタイプを定価の3割引きで買った

 12GBと15GBの製品は2021年12月末まで3GBがボーナスされ、それぞれ15GB、18GBが利用できます。

 さて、これらのプリペイドSIMは6月以前からも販売されていたようで、5Gへの対応は6月から。そのため購入したパッケージには5Gに対しての説明が一切ありませんでした。中国移動香港のウェブページには情報があり、そちらには5Gの利用方法が明記されています(5G Mainland China 15GB 365-Day Prepard SIM Card)。

SIMカードには鴨の図柄がある。5Gについての説明はない

 使い方は簡単で、SIMカードを5Gスマートフォンに入れたのち、「*#130#」に電話で発信。するとすぐにSMSが飛んできて、カードが開通されたことが通知されます。それから1分程度で15+3=18GBのパッケージが使えることが可能になったことのSMS通知も受信。この状態ではまだ4Gしか使えません。

中国語だがだいたい読める。開通後、SIM電話番号が通知、そして18GBが使える

 続いて「*104*01#」に電話で発信して5Gサービスを開通。すぐにSMSで5Gサービスが使えるようになったと通知が届きます。ここで念のためスマートフォンをオフラインにし、再度オンラインにすると無事アンテナピクト横に5Gの表示がされました。

5Gが利用可能になった

 中国移動香港は5G NR方式のn78(3.5GHz帯)、n79(4.9GHz帯)でサービスを提供しています。5G表記が出ても4Gのアンカーバンド(実際はLTE)につながっているケースもありますが、電波状況を確認するとしっかりとn78に接続していました。

5G NR n78に接続。NSA方式なのでアンカーのLTEにも接続する

 早速スピードテストをしました。香港の5Gエリアはかなり広くなっており、繁華街などはほぼカバーエリアとなっています。今回測ったエリアでは、下りの速度が平均で500Mbps前後、最大で641Mbpsとなりました。また上りの速度は平均100Mpbsオーバー、最大141Mbpsでした。同じエリアでLTEは下り150Mpbs前後、上り40Mbps前後だったので、5Gは4Gの4倍程度の速度となります。

 なお香港のIT系メディアが香港各地で5Gの実速度測定を行ったところ、最大でも800Mbps弱ということで、香港の5Gは「ギガ」の速度は出ないようです。

下り641Mbps、上り141Mbpsを記録

 ところでプリペイドSIMカードが屋台で自由に買える香港も、SIMカードの登録制度が始まる予定です。実施は今年の秋以降。プリペイドSIMカードの買い方・使い方もこれから変わってしまう予定です。詳細は今後記事にする予定にしています。

 香港はスマートフォンを安く買える場所としても有名ですが、まだしばらくは香港へ渡航することは難しいでしょう。いずれ再び自由に香港に来ることができるようになったら、ぜひ5GプリペイドSIMカードと5Gスマートフォンを買って5Gを試してみてください。

香港のスマホの聖地、先達廣場

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン