このページの本文へ

X8500Hの有償アップグレードも実施

デノン、8K&13.2ch対応、4K120Hzにも対応した「AVC-X8500HA」

2021年05月31日 06時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは5月28日、「AVC-X8500HA」を発表した。13.2chのAVアンプで、AVC-X8500Hをベースにしつつ、新たにHDMI端子の入力1系統/出力2系統で、8K/60Hz、4K/120Hz映像のパススルーなどHDMI 2.1のスペックに含まれる機能をサポートした。発売は6月中旬で、価格は55万円。

 X8500H同様、モノリスコンストラクション・パワーアンプを搭載。増幅素子に、Hi-Fiアンプの設計思想を踏襲した大電流タイプのパワートランジスタ「Denon High Current Transistor」を採用し、各チャンネル最大260W(消費電力900W)と高出力。ステレオ再生時は定格150W+150Wの出力が得られる。

 入力8系統/出力3系統あるHDMI端子のうち上述の1系統/2系統は著作権保護技術HDCP 2.3、BT.2020信号のパススルー、HDR10/Dolby Vision/HLG/HDR10+/Dynamic HDR、eARC、ALLM、VRR、QMS、QFTなど最新サラウンドフォーマットやゲームなどに求められる低遅延などもサポート。Amazon Music HDの再生など、HEOSによる豊富なネットワーク再生機能も持つ。

 また、6月15日からはAVC-X8500HをAVC-X8500HA相当にするアップグレードプログラムの受付も開始。料金は7万7000円だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン