このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

10年ぶりのフラッグシップ更新!?

モンスターと称する、デノン初の13.1ch対応AVアンプ「AVC-X8500H」

2018年01月17日 09時00分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは1月17日、サラウンドアンプのフラッグシップ機「AVC-X8500H」を発表した。「AVR-7200W」の上位モデルと言う位置づけだが、開発に2年の歳月をかけ、2007年の「AVC-A1HD」に匹敵する、10年ぶりに更新したコンセプチュアルな製品。独立した13chのアンプを内蔵したド級製品である。

AVR-X8500H

 モンスターAVアンプと自称するだけあり、圧倒的なパワー感には息を呑む。発売は2月中旬で、価格は48万円(税抜)だ。

 パワーアンプ部は、1基板あたり1アンプの独立したモジュールとして13枚を搭載(モノリス・コンストラクション)。大電流タイプのパワートランジスター「DHCT」(Denon High Current Transistor)の採用は7200を踏襲したもの。全チャンネル同一クオリティーで定格最大150W×13の出力が可能となっている。

アンプモジュール、これを1枚ずつ左右対称に置く

 使用するトランジスター(DHCT)は、アイドリング電流補償用のデバイスを内蔵し、アイドリング安定度を向上。さらに最新薄膜プロセスを使用して抵抗を抑え、放熱性も改善しているという。ヒートシンクには2mm厚の銅板を使用。13chあることもあり、放熱対策も万全だ。

 デザインの刷新や新規DSPの採用なども実施し、長期間使っても陳腐化しない先進的な設計としたという。筺体カバーははサイドが2mm厚、トップが1mm厚で、ネジなども新しいものを採用している。放熱用のスリッドも共振を防ぐため独特な形状。前面のアルミトラップドアは8mmと通常にはない厚さで、ここも堅牢性の向上に一役買っているそうだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中