このページの本文へ

デノン、ネットワークスピーカーとサウンドバーの最新ファームウェアを公開 内蔵マイクでAlexaを呼び出し可能に

2021年10月01日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは9月30日、「Denon Homeシリーズ」のネットワークスピーカーおよびサウンドバーの最新ファームウェアを公開した。

 アップデートすることで、内蔵マイクによるAlexaの呼び出しおよび「Denon Home Sound Bar 550」と2台の「Denon Home 250」または「Denon Home150」を組み合わせたリアルサラウンドシステムへの拡張が可能になる。

 対象となるモデルはネットワークスピーカー「Denon Home 150」(ブラック/ホワイト)、「Denon Home 250」およびサウンドバー「Denon home Sound Bar 550」(同一のネットワークに他のHEOS搭載製品が接続されている場合、他のHEOS搭載製品についてもファームウェアアップデートが必要となる)。

上左:Denon Home 150
上右:Denon Home 250
下:Denon Home Sound Bar 550

 Denon Homeシリーズのネットワークスピーカーおよびサウンドバーに内蔵された音声コントロール用マイクが有効化される。これにより、Amazon EchoシリーズなどのAlexa搭載端末を介さずにDenon Homeシリーズのスピーカーやサウンドバーに直接「アレクサ」と話しかけることで音楽の再生やニュースや天気予報の確認、タイマーのセット、スマートホームデバイスの操作などが可能となる。

 また、トップパネルのタッチコントロールボタンの「マイクミュートボタン」と「アクションボタン」も有効化され、マイクミュートボタンでは一時的にAlexaの機能を使用しないときにマイク機能を無効にすることができ、アクションボタンを押すと「アレクサ」と話しかけなくてもAlexaがリクエストの聞き取りを開始する。

 また、Denon Home Sound Bar 550と2台のDenon Home 250またはDenon Home150によるリアルサラウンド再生も可能になる。後方まで広く展開するサラウンド空間と明瞭な音像定位によりホームシアターの臨場感を高めることができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン