このページの本文へ

音質調整ができるイヤモニ

FiiO、新開発2BA+2DDアーキテクチャを採用したセミオープン・ユニバーサルインイヤーモニターを発売

2021年05月28日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エミライは5月28日、FiiO Electronics製セミオープン・ユニバーサルインイヤーモニター「FH5s」を発売した。価格はオープンで、実売価格は3万3000円前後になる見込み。

 FH5sは、3ウェイ4ドライバー構成(BA+ダイナミック)、FiiOのFHシリーズの新たなフェーズを開拓する完全新設計のユニバーサル・ハイブリッドインイヤーモニターとする。ドライバーは、高域用にKnowles製BAドライバー「TWFK-30017」を2基、中域と低域にそれぞれ直径6mm/12mmのダイナミックドライバーを搭載している。

 さらに低域、中域、高域の調整を個別にできるスイッチを搭載。デフォルトでもほとんどの人が満足できるサウンドに調整されているが、スイッチの切り替えで自身の好みに合ったサウンドにカスタマイズできるのが面白い。

 外観、快適性、音質等、全ての面で大幅な進歩と革新を遂げた意欲作とのこと。また、ハイレゾ認証を取得している。イヤホンジャックは2.5/3.5/4.4mmの端子へ交換可能。セミオープン構造になっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン