このページの本文へ

アユート、3つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載インイヤーモニターを11月12日に発売

2021年10月22日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern」から、3つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載の「AK ZERO1」及び、付属ケーブルと同じHi-Fiグレードの純銀メッキOFC4芯線を採用した4.4mm5極バランスケーブル「AK PEP11」を11月12日より発売する。

 AK ZERO1は、「マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバー」と「デュアルカスタムBAドライバー」、「φ5.6mmダイナミックドライバー」の3つのドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバーを搭載したインイヤーモニター。ケーブルには、4芯構造の純銀コートOFCケーブルを採用している。

 マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバーは、ヘッドホンではスケールダウンが難しいとされる平面駆動ドライバーの設計を、インイヤーモニター用に特別に開発されたドライバーで、BA型のようなクリアさとダイナミック型のような臨場感を併せ持つという。

 AK PEP11は、MMCX-4.4mm5極バランスケーブルで、AK ZERO1付属のケーブルと同じ、Hi-Fiグレードの4芯純銀コートOFCを採用し、4.4mm5極プラグでのAKプレーヤーとのバランス接続ができる。

 価格はAK ZERO1が9万9980円、AK PEP11が1万7980円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン