このページの本文へ

NZXT「H1」

発火の恐れがあったNZXTのMini-ITXケース「H1」が改良され販売再開

2021年05月28日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発火の恐れがあり販売を見合わせていたNZXTのMini-ITX対応PCケース「H1」。問題が解消されたとして再販が始まっている。

水冷ユニットと電源ユニットを標準搭載するNZXTのMini-ITX対応PCケース「H1」

 「H1」は、18.7(W)×18.76(D)×38.77(H)cmの縦長デザインが特徴的なMini-ITX対応PCケース。80PLUS GOLD認証を取得した650W電源ユニットと140mmサイズのラジエーターを備えたオールインワン水冷ユニットを標準搭載する。

 再販されたモデルは、ライザーケーブルを「PCI-e Gen3 ライザーケーブル(リニューアル版)」に交換。「ライザーケーブル交換対応済み」のシールをパッケージに貼り付けて販売しているとしている。

 なお、ケース詳細については「簡易水冷型CPUクーラーが組み込まれたNZXTの「H1」はMini-ITXケースの革命児だ」を参照してほしい。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中