前へ 1 2 次へ

ミドルクラスのゲーミングPCにマッチ! 基本とトレンドをしっかり押さえた高コスパなATXタワーケース「XPG STARKER」

文● 鈴木雅暢 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATAのゲーミングブランドである「XPG」から登場した「XPG STARKER」は、ATXフォームファクターを採用したミドルクラスのPCケースだ。強化ガラスのサイドパネル、アドレッサブルRGB LED、グラフィックスボードの垂直搭載といったトレンドを取り入れ、手軽にクールなビジュアルのPCに仕上げることができる。今回は実機で内容を見ていこう。

XPG STARKERは、ATXフォームファクターを採用したミドルクラスのPCケース。トレンド機能と優れた基本機能を搭載し、実売価格は約1万円前後だ

スマートなデザイン、中身が見える強化ガラス

 XPG STARKERの本体サイズは、215(W)×400(D)×450mm(H)。ATXフォームファクターのPCケースとしては奥行きが短く、スマートなフォルムだ。

今回はブラックのモデルでテストしたが、カラバリはホワイトとの2色が用意されている

 左サイドパネルには4mm厚の強化ガラスを利用し、内部のパーツが見える仕様となっている。強化ガラスはずっしりとした重さがあり、剛性感も高く、安心して利用できる。

 フロントパネルは上質感のある表面仕上げが印象的。サラッとした手触りが心地よく、指紋もつきにくい。XPGのロゴ、中央両サイドにはアドレッサブルRGBで光るライティングストリップを配置している。

シンプルだが存在感のあるデザインのフロントパネル。両サイドにアドレッサブルRGBで光るライティングストリップを配置している。背面には放熱を効率化するため排気口が多数開けられている

電源ボタンなどは天面の前面側に配置されている。奥からUSB Type-A(USB 3.0)×2、ヘッドフォン/ヘッドセット/マイク兼用、アドレッサブルRGB、リセットボタン。電源ボタンはシャープな三角形にデザインされている

合理的なエアフローで、高い冷却拡張性

 エアフロー設計は、前面/底面から吸気して背面/天面へと排気するオーソドックスなスタイル。シャシーの随所に通気口を設けて、高い通気性を確保している。

 前面には120mmなら3基、140mmなら2基までのファンを搭載可能。天面は120/140mmとも2基まで、背面は120mmファンを1基搭載できる。標準では前面と背面に1基ずつ120mmファンを搭載しており、背面のファンはアドレッサブルRGB LEDのイルミネーション機能がある。水冷クーラーのラジエーターについては、前面は最大360mm、天面は最大280mm、背面は120mmまで装着が可能だ。

 また、前面にスライドレール式の着脱式ダストフィルターを装備するほか、底面と天面にもマグネット着脱式のメッシュフィルターがある。

前面にスライドレール式の着脱式ダストフィルターを搭載している。下からプッシュすれば前面カバーをはずさなくとも着脱できる

カバーをすべてはずしたところ。前面側のフィルターの奥は完全に空いている。背面側はハニカム状に多数の放熱口が開けられているのがわかる

天面も全面にハニカム状の放熱口を開けている。メッシュ仕様のダストフィルターはマグネットで着脱できる

背面にはアドレッサブルRGB仕様の120mmファンが標準で搭載されている

前面のライティングストリップと背面ファンは連動して光る。発光は上部のボタンでコントロール可能で、マザーボード接続用端子も用意されている

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月