ソラコム、「2021 Magic Quadrant for Managed IoT Connectivity Services」において、ニッチ・プレーヤーに選出

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソラコムは5月20日、ガートナーの「2021 Magic Quadrant for Managed IoT Connectivity Services」で、ニッチ・プレーヤーとして選出されたことを発表した。

 本レポートは、ビジョンの完全性と実行能力に基づいてベンダーを評価されている。

 ソラコム代表取締役社長玉川憲氏は、ニッチ・プレーヤーへのランクインは、クラウドとグローバルなIoT通信の融合、リーズナブルな料金体系でサービスのサポートする取り組みが評価されたものと考えているとコメントした。

 本レポートはこちらから見ることができる。

 

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月