• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

バトルアクションには3つ目のスタイル「流(ながれ)」が追加

『ロストジャッジメント』進化した「調査アクション」や「ユースドラマ」を紹介

2021年05月20日 10時00分更新

文● Zenon/ASCII

 セガは5月20日、俳優・アーティストの木村拓哉さんが主役を演じるリーガルサスペンスアクション『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』(PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One)について、前作からさらにパワーアップしたゲームシステムと、新たなサイドコンテンツ・ユースドラマの詳細を公開した。本作は、2021年9月24日発売予定。

以下、リリースより。

ゲームシステム

【進化した「調査アクション」】

 探偵として事件の謎を追っていく中で重要となるのが、多種多様な“調査アクション”。「ジャッジアイズ」シリーズの特徴と言えるこの調査アクションがより豊かに進化し、多彩になったアクション体験が、事件調査の没入感を高めていきます。

 今作では、「尾行」や「チェイス」「変装」などのスキルのほかに、壁を登り、ビルを伝い、時には建物を飛び越えるアクションを繰り出し、敵地に侵入する「アスレチック」、敵地での隠密行動に欠かせない「スティール」、トラブルの兆候を事前に察知する「バズリサーチャー」や、手掛かりにたどり着くための「探知犬」など、新要素が満載です。

より多彩になった“調査アクション

【強化されたバトルアクション】

 「龍が如くスタジオ」ならではのアクションバトルが誰でも簡単に楽しめるのも、大きな魅力のひとつ。さまざまな状況に応じて使い分けるバトルスタイルが、今作では3種類に増加しています。

 多人数を相手に、アクロバティックな全方位攻撃を特徴とするバトルスタイル「円舞」。華麗なステップで縦横無尽に立ち回り、多くの敵を一度に吹き飛ばすような、爽快感を堪能できます。

 怒涛の連続攻撃により、タイマン勝負で真価を発揮するバトルスタイル「一閃」。相手のガードをも打ち崩す威力の高い攻撃を高速で繰り出し、一方的な戦いに持ち込むことが可能です。

 そして、今作では、新バトルスタイル「流(読み:ながれ)」が登場! 相手の攻撃を見極め、その力を利用して敵を倒す華麗なバトルアクションを、カンタンに楽しむことができます。

 3種類のバトルスタイルを駆使しながら、立ちはだかる敵を叩きのめしましょう!

新たな体験を堪能できる新コンテンツ「ユースドラマ」

 主人公の八神は、事件の謎を解く重要な情報を見つけ出すために高校へ潜入します。潜入した高校でたくさんの生徒たちと接していくことで、部活動をはじめとする生徒たちのさまざまなコミュニティに参加し、向きあっていく様子を描いた「ユースドラマ」が展開されていきます。

 さまざまなストーリーにあわせて設計された多彩なアクションゲームにチャレンジしていきつつ、生徒たちとのユニークな交流の中で八神が見せる新たな表情を、ぜひお楽しみください。

 

【ゲーム情報】

タイトル:『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』
ジャンル:リーガルサスペンスアクション
発売・販売:セガ
プラットフォーム:PlayStation 5/PlayStation 4/Xbox Series X|S/Xbox One
※ Xbox Series X|S/Xbox Oneはデジタル版の販売のみ
発売日:2021年9月24日予定
価格:
 通常版・デジタル版:9119円
 デジタルデラックスエディション:1万3519円
プレイ人数:1人
CERO:D(17歳以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう