このページの本文へ

アカマイ、FIDO2を活用する多要素認証ソリューション「Akamai MFA」国内提供開始

2021年05月19日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アカマイ・テクノロジーズは5月19日、強固な多要素認証ソリューション「Akamai MFA」を国内でも提供開始したことを発表した。

 Akamai MFAは、FIDO2標準規格の実装によって悪質な認証バイパスを防止する機構を備え、企業や組織が専用の認証デバイスの展開と管理を行なうことなく多要素認証(MFA)を迅速に展開できるように設計。専用の認証デバイスの代わりに既存のスマホがセキュリティーキーとして使える認証方式を採用する。

 ソリューションでは、エンドツーエンドの暗号化と保護されたチャレンジ/レスポンスフローを提供するFIDO2を活用、組織において優れた多要素認証によるアクセス制御の強化を追加コストなしで実現できる。スマホのプッシュ通知やワンタイムパスワード、電話音声、SMSなど複数の認証方式を選択でき、組織のニーズの変化に応じたシンプルな認証方式のアップグレードパスも提供する。

 すでに提供を開始しており、60日間の無料トライアルも用意されている。

カテゴリートップへ