このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第15回

【実機レビュー】アップル AirTagは“俺は忘れない”という自信家にも魅力あるトラッカーだった

2021年04月22日 22時35分更新

文● 本田雅一 編集●飯島恵里子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キーフォルダー状のアクセサリーも複数ラインアップされている

世界中のiPhoneユーザーが発見を手助け

 落とし物トラッカーの数は、トラッカーと接続できる端末がどこまで普及しているかにかかっている。iOS 14.5以降が組み込まれたすべてのiPhoneがAirTagをトラックすると言えば、それだけで価値が高いことを直感できるだろう。 iOS 14がインストールされたiPhoneは世界中で10億台が稼働している。その大多数が、AirTagを探すための潜在的なセンサーになり得るのだ。

 落とし物トラッカーは近傍にあるスマートフォン(AirTagはiPhoneのみ)と繋がると、その固有IDを位置情報とともにアップロード「してもらう」。GPSは内蔵していないため、位置情報はスマートフォンの助けを借りることになる。

 このためトラッカーごとに専用アプリをインストールしておくのが作法だが、ここに大きなハードルがある。オーナーならばアプリをインストールしているのは当然だろうが、落とし物の近くを通りがかった別の人にはインストールされていない可能性が高い。

 したがって、落とし物と自分(のスマホ)がいつまで同じ場所にあったかはわかっても、その後、移動するとどこにあるのかわからなくなる。もちろん、アプリをインストールしている人が普遍的に存在するなら、移動した場合でも発見できる可能性が上がるだろう。

 そう、AirTagの場合はそれが可能だ。何しろiOS 14.5以降がインストールされていれば、どんなiPhoneでも発見の手助けをしてくれるからだ。アプリなしでもOS内にAirTagをハンドリングする機能があるから、落とし物を探しやすい。

 AirTagのステンレス電池カバー、好きな文字や絵文字をレーザー刻印できるサービスや、質の高いキーホルダーやバッグタグなどのアクセサリも優れているのだが、AirTagの優位性は何よりも、ほとんどのiPhoneと接続できることだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中