このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アップルイベント「春の祭典」有識者はこう見た 第4回

新世代のアップル製品の完成形を予感させた新製品群【本田雅一】

2021年04月22日 09時00分更新

文● 本田雅一 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月20日(米太平洋時間)に開催されたアップルのオンライン発表会は、予想以上に多くの製品が揃った。

 iPhone 12/12 miniへの新色パープルの追加、紛失防止タグのAirTag、Apple TV 4Kのアップデート、それにApple M1プロセッサを搭載する24インチiMacとiPad Proの投入だ。中でもiMacは予想外に大きなアップデートだった。

 それぞれのアップデート内容は、別途各製品ごとのレポート記事を参照いただきたいが、イベント全体を見渡して見えてくることもある。それは、Appleシリコン移行後のアップル製品ラインナップの姿だ。

一貫性のあるデザインと体験

 発表された製品群には、それぞれに注目点はある。実際の製品を入手できた際には、それぞれ深く掘り下げていきたいが、外観デザインが刷新されたiMac、それに昨年発売されたiPad Airを見ると、iPad Proに始まるデザイン言語の適用を進めていることがわかるだろう。

 M1が搭載されたMacBook AirやMacBook Proは従来のデザインを踏襲しているが、今後はMacBook Proの上位モデルが刷新されることが予想される。

 昨年からディスプレーが14インチになった狭額縁ベゼルのMacBook Proが噂されているが、ノートPCの設計トレンドから考えても上位モバイル機はディスプレーの大型化が進む傾向がある。ディスプレーサイズが13インチから14インチに拡大するなら、同時に外観も変更になってもおかしくはない。

 また以前からそうだったように、ディスプレーの質に関して一定水準以上を確保することで、映像体験の質を揃えようという意図も強く感じられる。

 例えば昨年発売のM1搭載MacBook Airはディスプレーの色再現域がDisplay P3になった。最大輝度はMacBook ProやiPad Proには及ばないものの色再現域は同じ(それまではsRGB)だ。最大輝度はコストや消費電力に直結するため、製品の位置付けや価格帯によってまちまちだが、それでもHDRらしい表現を行えるくらいの品質は担保されている。

 今回の発表では、Apple TV 4Kを接続したテレビでも意図した映像表現に近づけるため、iPhoneのカメラを測定機として利用するカラーキャリブレーション機能まで盛り込む徹底ぶりだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中