このページの本文へ

NTT東日本、「高速広帯域アクセスサービス」に400Gbpsメニューを追加

2021年04月12日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東日本電信電話(NTT東日本)は4月12日、法人向けに提供中の「高速広帯域アクセスサービス」にて、新たに400Gbpsメニューを提供開始した。

 高速広帯域アクセスサービスは、NTT東日本および西日本電信電話(NTT西日本)が提供する高速・大容量イーサネット接続。データセンターや動画など大容量データの送受信用として、10Gbps/100Gbpsを提供している。新たに、ITシステムのクラウド化やデータセンターの移行といった通信トラフィック増加による高速化ニーズに応え、400Gbpsのメニューを追加。

 ユーザーが指定する2拠点間のみでの通信(同一都道府県内通信に限る)に限定することで、高速・大容量な帯域を保証し、同社の多拠点通信サービスと比べて低コストで提供する。

 インターフェースは400GBASE-FR4。提供エリアはNTT東日本およびNTT西日本のサービス提供エリア。10Gbps/100Gbps/400Gbpsの3つから選べるタイプ1と、10Gbpsごとに選べるタイプ2を用意。料金はタイプ1の400Gbpsが月額495万円(10Gbpsは99万円/100Gbpsは198万円)。

カテゴリートップへ

ピックアップ