このページの本文へ

オリンパス、4K解像度の顕微鏡用デジタルカメラ「DP28」と「DP23」の2機種を4月6日より発売

2021年04月06日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  オリンパスは4月6日、顕微鏡用デジタルカメラ「DP28」、「DP23」の2機種を国内で発売した。

 DPシリーズはライフサイエンスや産業の分野で使用する顕微鏡に組み合わせて使用し、観察対象をモニター上に表示しながら、観察や画像撮影が可能。

 「DP28」は、前機種比1.8倍の890万画素、4K解像度での観察ができ、DP23は、前機種比2.2倍の640万画素で、4Kに迫る高画質化を実現。目視観察の色味を忠実に再現しており、より目視に近い高精細な観察ができ、病理研究分野では、染色した病変の進行具合を観察しやすくなるという。

 またどちらもリアルタイムでノイズを軽減できる画像平均機能を搭載し、自動的にノイズが低減された画像を表示することが可能に。

 ライブ観察時に焦点の合っていない領域を強調表示するフォーカスピーキング機能も新たに搭載し、厚さのある標本や透明な検体など、ピントの合わせづらい観察対象なども、効率よくピント調整が可能となった。

 加えて、イントラネットを構築している環境下であれば、専用機器を使用することで遠隔でのライブ映像共有が可能になり、リモートディスカッションなど様々なケースに柔軟に対応ができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン