このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

JeSU公認パソコンを使った「ストV」のエキシビジョンマッチなどを実施

マウス、ゲームプレイも映像配信も快適にこなせる第11世代Core+RTX 30シリーズ搭載の「JeSU公認パソコン」を発表!

2021年04月02日 09時00分更新

文● 市川 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パソコンはスペックが高いほど
プレイヤーのパフォーマンスが向上する!

 続いては、eスポーツキャスターのふり~だ氏が登壇し、プレイヤー視点におけるPCスペックの重要性について解説した。

eスポーツキャスターのふり~だ氏

 ふり~だ氏はプロの格闘ゲーマーとして10年ほど活動してきたが、現在はeスポーツキャスターとして活躍している。長きに渡ってeスポーツシーンの変遷を体験してきたが、ふり~だ氏がとくに衝撃を受けたのは、コンソール機とパソコンの違いだった。コンソール機の場合、全プレイヤーが同じ性能のコンソール機を使うのに対し、パソコンはスペックが高ければ高いほど、プレイヤーのパフォーマンスも向上する特性があると述べた。元々コンソール機出身だったふり~だ氏は、そこでeスポーツにおけるPCスペックの重要性を学んだという。

 自分に適したマシンを探す時間を省略し、自分自身の練習やeスポーツについて考える時間に費やしたい。そういったニーズに応えてくれるのが、JeSU公認パソコンのようなBTOパソコンであるとふり~だ氏は述べるとともに、マウスコンピューターおよびJeSUの取り組みを賞賛していた。

ストVのエキシビジョンマッチとして
ナウマン選手と板橋ザンギエフ選手が対戦!

 最後に、JeSU公認パソコンを使った、ストリートファイターV チャンピオンエディションのエキシビジョンマッチが開催。出場者はプロゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」の「格闘ゲーム部門」に所属するナウマン選手と板橋ザンギエフ選手で、実況・解説はふり~だ氏が務めた。

JeSU公認パソコンを使用した、ストリートファイターV チャンピオンエディションのエキシビジョンマッチが開催。(左から)DetonatioN Gaming所属のナウマン選手と板橋ザンギエフ選手の対戦をふり~だ氏が実況・解説するという、eスポーツ大会さながらの緊張感が味わえた

板橋ザンギエフ選手がストレートで勝利!

 ナウマン選手は「さくら」、板橋ザンギエフ選手は「ザンギエフ」を選択し、2本先取のエキシビジョンマッチがスタート。先輩の板橋ザンギエフ選手、後輩のナウマン選手による夢の戦いが繰り広げられた。だが、板橋ザンギエフ選手がベテランの底力を見せ、後輩のナウマン選手を制した。

勝者の板橋ザンギエフ選手。勝利インタビューで「めっちゃガチでやってました」と述べ、笑いを誘った

 ナウマン選手は「JeSU公認パソコンは非常に高性能ということでゲームに集中できたのですが、実力不足で板橋さんに完敗してしまいました」と悔しそうに語る一方、板橋ザンギエフ選手は「のめり込みすぎて、めっちゃガチでやってました」と語り、笑いを誘った。

 第11世代CoreプロセッサーとGeForce RTX 30シリーズを搭載し、ゲームプレイも映像配信も快適にこなせるJeSU公認パソコン。eスポーツシーンの活性化に加えて、eスポーツに興味を持つユーザーの心を鷲掴みにするモデルとして高く支持されることだろう。これからも、マウスコンピューターとJeSUの取り組みに注目していきたい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ