このページの本文へ

JeSU公認パソコンを使った「ストV」のエキシビジョンマッチなどを実施

マウス、ゲームプレイも映像配信も快適にこなせる第11世代Core+RTX 30シリーズ搭載の「JeSU公認パソコン」を発表!

2021年04月02日 09時00分更新

文● 市川 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

JeSU公認パソコンは今後開催される公式大会で使用される

 JeSU公認パソコンの概要説明が終わると、JeSUの理事を務める越智 政人氏が登壇した。JeSUは、国内のeスポーツシーンの活性化および発展を目指して活動する一般社団法人で、2020年9月24日にマウスコンピューターとオフィシャルPCサプライヤー契約を締結したと説明。

 越智氏は、今回発表したJeSU公認パソコンについて「初心者からプロの世界で活躍するプレイヤーまで幅広く使用してもらいたい」とコメント。また、今後開催されるJeSU公式大会などでJeSU公認パソコンを使用すると述べた。最後に、「これからも、マウスコンピューター様といっしょに日本のeスポーツシーンの活性化を努めてまいります」と意気込みを語っていた。

JeSUの理事を務める越智 政人氏

 続いては、インテル 技術本部長の土岐 英秋氏が登壇し、JeSU公認パソコンの頭脳となる第11世代Coreプロセッサーのプレゼンを行なった。

インテル 執行役員常務 技術本部長の土岐 英秋氏

 JeSU公認パソコンに搭載されているデスクトップ向け第11世代Coreプロセッサーは、3月17日より正式発表および販売を開始した最新CPU。主な特徴として、IPCが最大19%向上した新たなCoreアーキテクチャー、最大50%の性能アップを実現した内蔵グラフィックス、インテル ディープラーニング・ブーストなどが挙げられる。そのほか、インテル 500シリーズのチップセットの特徴も解説。土岐氏は「高性能な機能を備えた第11世代Coreプロセッサー搭載パソコンで、今までになかった体験をしてもらいたい」と語り、プレゼンを締めくくった。

第11世代Coreプロセッサーは、パワーと性能のバランスを追求した設計で開発された

第11世代Coreプロセッサーおよびインテル 500シリーズチップセットの特徴を紹介

 ウェルプレイド・ライゼストの本田 亮輔氏も登壇し、大会運営や配信視点におけるPCスペックの重要性について語った。

ウェルプレイド・ライゼストの本田 亮輔氏

 ウェルプレイド・ライゼストは"eスポーツの総合商社"で、eスポーツ関連のイベント運営をはじめ、インフルエンサーマーケティング、コミュニティー向け施策、eスポーツスクウェアの施設設計・運営などに携わっている。eスポーツにおける配信クオリティーの向上という視聴者のニーズに応えるべく、「ウェルプレイド」と「ライゼスト」の2社が合併契約を締結し、ウェルプレイド・ライゼストとして事業に取り組んでいる。

 本田氏がいうには、現在の映像配信は、フルHDかつ複数のプラットフォームで配信を行なうことが主流となり、フルスペックで安定的なパソコンが求められるという。1台でもパソコンが落ちてしまうとそれだけで放送事故になるほか、視聴者のフラストレーションを溜めてしまう恐れがあるからだ。大会運営も同様に、選手によってパソコンの設定が多岐に渡るため、それらに順応したうえで安定した動作が可能なパソコンも必要不可欠としている。

 JeSU公認パソコンについて、本田氏は「さまざまなタイトルも安定して動作し、なおかつハイクオリティーなパフォーマンスを発揮するモデル。プレイヤーや配信業務に携わる人、eスポーツイベントに携わる人にオススメです」と絶賛した。

カテゴリートップへ