このページの本文へ

パスロジ、PassLogicに新機能「ログインプロテクト」を無償提供

2021年03月31日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パスロジは3月31日、同社の認証セキュリティーソフトウェア「PassLogic(パスロジック)」に新認証を無償提供すると発表した。

 PassLogicは簡便な使い勝手と強固なセキュリティーの両方を提供する国産認証サーバー。サイバー攻撃の対象になりやすい官公庁や金融機関のほか、通信や電機メーカー大手の法人向けテレワークサービスでも多数採用されているという。

 新たに提供される「ログインプロテクト」は、「扉のカギ穴(ログインフォーム)を普段は隠しておく」ことでセキュリティーを高める対策方法。ログインフォームがパスワードを受け付けるタイミングを利用者自身の判断で制御し、利用者がログインフォームを使わない時にはどのようなパスワードが送られてきてもパスワードの正誤判定をせずに、ログイン処理を中断する。

 利用者がログインフォームを使う時は、専用のスマホアプリを立ち上げてワンタップするだけでログインプロテクトが解除され、認証サーバーが認証要求を受け付けられる状態になる。また、ログインプロテクトを解除してから1分が経過すると自動的にログインプロテクトによる保護が始まるため、ログインプロテクトの掛け忘れも発生しない。

カテゴリートップへ

ピックアップ