このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

鳥居一豊の「コンパクトスピーカーが好き!!」 第10回

懐かしい顔付きと現代的な音──JBL 「4312MⅡ」で聴く「Shiro SAGISU Music from_SHIN EVANGELION」

2021年03月28日 15時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スピーカーだけの写真を見てしまうと、「おやおや、この連載は小型スピーカーを紹介するのでは?」と、疑問を持たれる方もいるかもしれない。ご安心ください。往年のJBLのラージモニターのような顔付きだが、立派な小型スピーカーです。

JBLのモニタースピーカーのデザインを継承したコンパクトモニター

 冗談はさておき、JBLのコンパクトモニター「4312MⅡ」(定価:8万5800円/ペア)を紹介する。30cmウーファーを備えたモニタースピーカーの4312シリーズの高さと横幅をほぼ1/2としたモデルだ。

 木目のエンクロージャーに青いバッフルの組み合わせは、JBLのスタジオモニターが現代まで踏襲してきたデザインそのまま。それでいて使いやすいブックシェルフ型のサイズのため、初代の4312Mは当然ながら大ヒット。

 本機はその後継機で、最新のモニタースピーカーの設計や技術を採り入れて内容を一新したモデルだ。とはいえ、4312MⅡ自身も2008年発売のモデルなので、十分にロングセラーと言える。

 オーディオに関心のある人なら、JBLというアメリカのスピーカーメーカーはよくご存じだろう。アルテック・ランシングというメーカーの技術者であり、一時期は技術副社長でもあったジェームス・B・ランシングが起こした会社だ(創業当時の社名はジェームス・B・ランシング・サウンド)。数多くのスタジオで使われたラージモニター「4343」などは昭和期のオーディオマニアの憧れだったし、家庭用として美しいデザインを兼ね備えたパラゴン、K2シリーズ、エベレストシリーズといったハイエンドスピーカーはオーディオにあまり詳しくない人でも知っているかもしれない。

 現在でも、映画館などの大規模施設の音響設備や放送局や録音スタジオ向けの業務用機器を手掛けているし、民生用としては「EVEREST DD6700」「K2 S9900」などの高級スピーカーから、手頃な価格のスピーカーまで幅広くラインアップ。最近では、人気の高い完全ワイヤレスイヤホン、Bluetooth対応のコンパクトなアクティブスピーカーなども発売しており、国内でも人気の高いブランドのひとつとなっている。

 4312MⅡは今や小型スピーカーでは珍しい3ウェイ構成を採用。上部に高域用と低域用のアッテネーターが備わっているのもあまり見かけない装備だ。スタジオモニターらしさを感じる部分だ。ユニットを保護するサラウンネットはバッフル面の四隅にあるマジックテープで装着する。ややチープだが、価格を考えれば仕方のないところ。

前面の上部にあるアッテネーター。高音、低音のそれぞれで3段階の調整が可能になっている。

 エンクロージャーの形式はバスレフ型で、ポートも前面のバッフル面に備わっている。こうした基本的な構成はオリジナルモデルの4312シリーズを踏襲しているので、現代の小型スピーカーを見慣れている人には古いと感じるかもしれない。

 ウーファーの上に横並びでミッドレンジとトゥイーターが配置されているのも今ではあまり見かけない。この配置はミッドレンジ、トゥイーターともにウーファーになるべく近接させ、3つのユニットから出る音がバラバラにならず、点音源に近い鳴り方をするためのものだ。各ユニットが大きく、ユニット間の距離が離れてしまいやすいラージモニターならではの発想でもある。

[4312MⅡの主なスペック] ●形式:3ウェイ3スピーカー・バスレフ型●インピーダンス:6Ω●再生周波数帯域:55Hz~50kHz●出力音圧レベル:90dB 2.83V/1m●サイズ:幅181×高さ300×奥行き180mm●質量:4kg

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン