このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

鳥居一豊の「コンパクトスピーカーが好き!!」 第5回

小型スピーカーらしからぬ、おおらかさ

ELACのCARINA BS243.4で「Song for LISTNERS」を聴く

2020年09月03日 13時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BS243.4(左)と筆者リファレンスのB&W 607

BS243がアンドリュー・ジョーンズの手で生まれ変わった

 小型スピーカーの魅力を伝える連載。第5回は、ELAC“CARINA”シリーズの「CARINA BS243.4」(実売:ペア16万円弱)を紹介する。

 CARINAは、ELACスピーカーの特徴のひとつである「JETツィーター」を搭載しつつ、手頃な価格帯で買えるシリーズだ。JETツィーターは極薄の金属板を蛇腹状に折り畳んだ構造で、アコーディオンのように開く/閉じるを繰り返すことで発音する仕組み。ハイルドライバーやAMT(Air Motion Transducer)などと同じ方式だ。

 ハイルドライバーは、ELACのJETツィーター以降、多くのスピーカーブランドが採用しており、最近目にすることが多くなってきた。JETツィーター自身も、最新のものは5世代目の「JET V」まで進化している。CARINA BS243.4に採用されたのは、新開発の「JETフォールデッド・リボン」で、JET Vの基本性能を維持したままコストダウンを実現した新ドライバーだ。

CARINA BS243.4のツイーター部。JETツィーターは周囲にウェーブガイドを持つ。このあたりはJET Vツィーターと同様だ。

 CARINA BS243.4は、伝統的な型番を引き継ぎつつも、まったく新しく生まれ変わったモデルだ。BS243の型番は、これまで240LINEの機種に使われており、数々のモデルが発売されてきた。言わばELACのエントリークラスでは定番と言っていいだろう。CARINA BS243.4の末尾の「.4」は4世代目を意味するものだと思う。しかし、歴代モデルとは大きく変わっている。というのも、開発を担当したのが、アンドリュー・ジョーンズ氏であるからだ。

 アンドリュー・ジョーンズ氏は、KEF、INFINITY、TADブランドでスピーカー開発に関わってきた有名なエンジニアで、現在はELACに所属。エントリークラスの「Debut LINE」や「Uni-Fi SLIM LINE」を開発した。低価格帯のモデルが多く、JETツィーターを使うことはなかったが、CARINAシリーズではついにJETツィーター搭載となった。

[CARINA BS243.4の主なスペック] ●形式:2ウェイ2スピーカー・バスレフ型●インピーダンス:6Ω●再生周波数帯域:46Hz~30kHz●出力音圧レベル:85dB(2.83Vrms/1m)●サイズ:横幅210mm×高さ321mm×奥行213mm●質量:6.7kg(1本)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン