このページの本文へ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のシンクロ率(感動)が高まる!

エヴァの世界観に浸れるゼンショー×エヴァンゲリオンのラッピング店舗に行ってきた!

2021年03月30日 17時00分更新

文● ASCII/編集●ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

すき家でコラボメニュー新作
「初号機覚醒牛カレー」

 最新情報です!

 すき家ではゼンショー×エヴァンゲリオンのコラボ第2弾が発動。3月8日から発売していた「初号機オム牛カレー オニオンスープセット」の好評を受け、30日から新しく「初号機覚醒牛カレー オニオンスープセット」が登場します。

すき家のコラボメニュー第2弾「初号機覚醒牛カレー オニオンスープセット」(税込890円) 3月30日スタート

 「初号機」の覚醒シーンをモチーフにしたというカレー。覚醒シーンだけに見た目がインパクト(!)ありますね。さっそく食べてきました。

さっそく第2弾を食べてみました

 初号機をイメージした紫色のカレーは、クチナシやビーツで色づけされています。初号機の赤く変化した機体をすき家特製のトマトソースで表現。チーズソースで頭上に現れたリングさながら大きく輪を描いています。ネルフのロゴの可食プレートがトッピング。

初号機の「覚醒」のシーンを表現。ちょっと複雑。

 目の当たりにすると、エヴァンゲリオンの物語が思い出されて「覚醒しちゃうかー」と、ちょっと複雑な気持ちに(笑)。それだけ、世界観がしっかり表現されているということ。考えてみると、カレーで物語のワンシーンを表現するって、すごいことですよね。

 気になる味はどうでしょうか。

 紫色のカレーは、見た目に反して味はオーソドックス。スパイスがきいていて、なおかつコクと厚みがあります。

 トマトソースには、レッドキドニービーンズ、白いんげん豆、枝豆とひき肉がゴロゴロ。

見た目のインパクトだけじゃなくて、味もしっかりしていて、ある意味インパクト! セカンドインパクトがありました。

 パッと見はわからなかったのですが、トマトソースの下にすき家の牛丼のお肉も入っています。

お豆がたくさん入っていてヘルシーな感じ。女性にも喜ばれそう。

 スパイシーなカレーに、トマトソースのゴロゴロ食感やトマトの酸味、牛肉の旨味、チーズのまろやかさがこんなに調和するなんて! 三位一体ならぬ、四位一体。 

 開発担当のお話によると、味のバランスには相当苦労をしたとか。カレー好きな人も納得できる味だと思います。

第1弾の「初号機オム牛カレー オニオンスープセット」(税込890円)も継続して販売。

 なお、8日から発売中の「初号機オム牛カレー オニオンスープセット」も継続して販売中。こちらも、紫色のカレーとオム、牛と相性がよい一品です。

 「初号機オム牛カレー」「初号機覚醒牛カレー」の両方を食べ比べてみるのもオススメ。

※店舗によって売り切れの可能性もあります。

クリアファイル第2弾もスタートしました。

 もう1つトピック!

 ゼンショー×エヴァンゲリオンコラボでは、対象メニューを注文すると特典としてエヴァンゲリオンのオリジナルクリアファイルがもらえます。本日30日から第2弾のクリアファイルの配布がスタート。

 クリアファイルの絵柄は第1弾、第2弾をとおして合計36種。もらえる絵柄はランダムです。各チェーンでしか手に入らないデザインもあるとか。

 第2弾のファイルも欲しいですね!

カテゴリートップへ

もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧