長く愛用する“普段使い”のノートパソコンとして最適

1kg切りの軽量設計にテレワーク向け音響や紛失防止機能を盛り込んだプレミアムモバイルノートPC<LAVIE Pro Mobile PM750/BA>

貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

<LAVIE Pro Mobile PM750/BA>

 <LAVIE Pro Mobile PM750/BA>は、NECパーソナルコンピュータの最新13.3型ノートパソコンだ。「プレミアムモバイルノート」をうたっており、モバイル向けの中でも、質感や仕様など、細部までこだわって仕上げたモデルとなる。今回は、外観や仕様を中心に本モデルの魅力に迫っていく。

「フレアゴールド」は柔らかい色調のゴールドで、派手過ぎず、華やかな印象

 今回試用しているのは、Core i7-1165G7(最大4.7GHz)、インテル Iris Xe(CPU内蔵)、8GBメモリー(LPDDR4X)、512GB SSD(PCIe)、13.3型ワイド LED IPS液晶(1920×1080ドット)という構成のモデル。より上位には、メモリー容量が16GBでSIMスロットを内蔵する<LAVIE Pro Mobile PM950/BA>が、より下位にはCPUにCore i5-1135G7を採用する<LAVIE Pro Mobile PM550/BA>が用意されている。

 

 箱から出してみて、まず一番に感じるのはその軽さと、質感のよさだ。<LAVIE Pro Mobile PM750/BA>のサイズはおよそ幅307.2×奥行き216×高さ16.9mmと、13.3型のノートパソコンとしては標準的だが、重量は約955gと、1kgを切っている。

 メーカーによってもサイズと重量のバランスは大きく異なるので一概にはいえないものの、このサイズだと、1.2kgから1.3kg程度のモデルをよく見かける気がする。そのため、頭で想像する重量よりも手に持ったときの重量が遥かに軽く、実際のスペックよりもさらに軽く感じられる。手に持ったときの「おっ! 軽い!」という感覚は、ぜひ一度手にとって確かめてほしい部分だ。

LAVIEのロゴは、別パーツのはめ込みになっている

 トップカバー、ボトムカバー、側面やパームレストなど、目に触れる主な部分は、マット調の塗装で仕上げられている。シリーズのカラーバリエーションはLAVIE Pro Mobile PM750とLAVIE Pro Mobile PM550が「クラシックボルドー」「フレアゴールド」「ネイビーブルー」の3色展開で、最上位のLAVIE Pro Mobile PM950は「ネイビーブルー」のみとなっている。

 今回試用しているのはフレアゴールドのモデルだ。一見すると、派手すぎず、適度に華やかな印象もあるシャンパンゴールドだが、どことなく高級感も漂っている。

 遠目から見ればメタリックなのだが、より近づいてみると、塗装に細かなマイカ調の粒子が混ざっており、マットな塗装の内側からきらめく粒子が浮かび上がって光沢を作っている様子が観察できる。

 淡い光沢による高級感と、手の皮脂などがつきにくい使いやすさを両立した仕上げと言えるだろう。また、トップカバー中央のLAVIEのロゴは、金属調の光沢を持った別パーツをはめ込むことで表現している。プリントとは質感に大きな差が出るため、本機のデザイン的な魅力に大きく貢献している部分だ。

充実のインターフェースによる安心感

右側面にHDMI出力端子、USB 3.1端子(Type-A)×1、オーディオ入出力端子(3.5mmミニジャック)×1

 インターフェースは右側面にHDMI出力端子、USB 3.1端子(Type-A)×1、オーディオ入出力端子(3.5mmミニジャック)×1を、左側面にUSB 3.1端子(Type-C)×1、USB 3.0端子(Type-C)×1、microSDスロットを搭載する。

左側面にUSB 3.1端子(Type-C)×1、USB 3.0端子(Type-C)×1、microSDスロット(microSDHC、microSDXC対応)

 モバイルノートパソコンではUSB Type-C端子のみを搭載するモデルも増えているが、USB Type-A端子を搭載し、さまざまな周辺機器に対応できる点は評価できる。

 HDMI出力端子、microSDスロットを搭載することで、会議室備え付けのモニターなどでのプレゼンや、microSDを使ったデータの受け渡しにも対応できる点はうれしい。

USB 3.0端子はUSB Power Delivery 3.0に対応し、ACアダプタの接続ポートを兼用する。また、DisplayPort出力端子としても機能する

 なお左側面のUSB 3.0端子(Type-C)はUSB Power Delivery 3.0に対応し、ACアダプタの接続ポートを兼用する。また、DisplayPort出力端子としても機能する。さらに、右側面のUSB 3.1端子(Type-A)は、本体電源オフ時の給電にも対応するため、本体の電源を落とした状態でスマートフォンを充電したり、USB給電式のBluetoothウェブカメラを常時接続しておいて、PCの電源が入っていないときでもタブレットと接続して使用するなど、フレキシブルな使い方に対応できる。

前面は、手前に向かって細くなる形状で、実際の寸法よりも薄く見える

 本体を閉じた状態で前から見ると、高さ16.9mmという数値以上に薄く感じられる。これは、ボトムカバーを手前に向かって細くするデザインのおかげだ。また、ボトムカバーとトップカバーの手前側の「フチ」の角度を揃え、閉じた際に、一直線につながるようにデザインしているのも面白い。

背面はヒンジもすっきりと仕上げている。奥には空気孔が見える

 閉じた状態での背面は、左右にヒンジがひとつずつと、ヒンジ部の奥に空気孔があるのみで、非常にすっきりとした印象。

 すっきりとしているだけでなく、ボトムカバー側に丸みを持たせて曲線的に、トップカバー側を直線的に仕上げることで、個性的な印象も持っている。モダンで高品位さを持った、近年の同社のノートパソコンのよさを感じられる部分だ。

キーピッチ19mm、キーストローク1.5mmの広いキーボード

キーボードは標準的なJIS配列85キー。キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mm

 キーボードは標準的なJIS配列85キーを採用。キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mmと、このサイズのノートPCとしては満点に近い。すべてのキーが等間隔に並んだレイアウトで、上下左右キーなど、細くされがちなキーもしっかりと大きめに確保している。

 また、エンターキーはかなり大きめで、ホームポジションに指を置いた状態で、自然と指がかかる。日本語入力時は再頻出キーと言っても過言ではないから、この配慮はうれしい。

 トラックパッドはマルチタッチやジェスチャーに対応した左右クリック一体型のものを搭載。わずかにザラっとした仕上げにすることで、指の滑りがよく、また反応も良好だ。タップでもクリックができるが、静音式のスイッチを採用しているので、押し込んでクリックしても「カチッ」という音は鳴らない。

 キーボードも「遊び」が少なく、カチャカチャとした音が鳴りにくい仕様になっているので、図書館やコワーキングスペースなど、音に気を配りたいシチュエーションでも、使いやすいはず。

ディスプレーは180度まで開ける

テレワークや持ち運びに便利な機能が盛りだくさん

 また、テレワークや屋外での作業時に役立てられる機能を多数盛り込んでいるのも、<LAVIE Pro Mobile PM750>の特徴だ。

「パーソナルモード」と「マルチユーザモード」の切り替えができる

 まず音響面では、音量を均一にしたり、スピーカーから聞こえる範囲を調整したりできる「ミーティング機能」に対応している。周囲の雑音を抑えて相手に音声を聞こえやすくする「ノイズサプレッサー」や、残響を抑える「ルームエコー抑制」などにより、オンラインミーティング時も、お互いに聞き取りやすい音声を実現しているのだ。

 また、音声品質は、正面に座るユーザーのみが聞き取りやすくなる「パーソナルモード」と、周囲にいる人が聞き取りやすい「マルチユーザモード」に切り替えられる。ふだんはパーソナルモード、複数人で使う場合はマルチユーザモードに切り替えるといいだろう。

 

プライバシーフィルタオフ時

プライバシーフィルタをオンにした

 さらに、覗き見を防止するプライバシーフィルターも標準で搭載している(※<LAVIE Pro Mobile PM550/BA>は非搭載)。

 サードパーティー製のオプションなどで、ディスプレーに貼付すると、斜めから見たときに黒く見えるフィルムなどが販売されているのを見かけることがあると思うが、あれを電気的に実現しているものと考えるとわかりやすい。オン、オフの切り替えはキーボードから可能で、使用感も良好だ。

 また、テレワーク時代のフレキシブルな使い方に対応しやすいという意味では、最大20.0時間をうたうバッテリー駆動時間の長さも見逃せない(※<LAVIE Pro Mobile PM550/BA>は公称で最大24.0時間)。

 バッテリー充電時間は、電源オン時で2.4時間、電源オフ時で2.3時間をうたう素早さで、1時間の充電でも、約80%程度まで充電ができるという。

 外出まで時間がないときに、パソコンの充電をし忘れていることに気づいて困った経験が筆者には何度もあるが、本機なら、1時間前に気付けばその日は十分にしのげるバッテリー残量を確保できるのだ。

「MAMORIO PC」に標準で対応、紛失を防止

 また本機は、パソコン向けの紛失防止機能「MAMORIO PC」に標準で対応している。

 設定は非常にカンタンで、スタートメニューから「MAMORIO」などと検索すると、「MAMORIO PC」というアプリケーションが見つかるので、これを立ち上げる。

MAMORIO PCを立ち上げると、チュートリアルが表示される

 チュートリアルにしたがって、Bluetoothやバッテリー管理の設定をすませ、MAMORIO PCを有効にするだけで、マシン側の設定は完了だ。

スマートフォン側から登録する

 スマートフォン側では初回のみアカウント作成が必要だが、メールアドレスとパスワードを入力して、リンクをクリックするだけで、それほどの手間でもない。

画像や名称は自由に設定可能

 スマートフォン側のMAMORIO新規登録画面を開くと、自動的にパソコンを検知するので、登録する。この際、画像や名称は任意のものに設定できる。

パソコンとスマートフォンを近くに置いている状態

 MAMORIO PCは、スマートフォン側とパソコンをBluetoothでペアリングし、スマートフォン側のアプリで、MAMORIO PCを有効にしたパソコンが離れたことを検知し、さらに一定の時間が経過すると、置き忘れの防止警告をスマートフォン側で通知するという仕組みで動作する。

 このため、スマートフォン側は常にBluetoothをオンに、アプリも常時立ち上げておく必要があり、パソコン側は電源オンかスタンバイモードになっている必要がある。

離れると、電波の受信強度を示すゲージが徐々に下がる。画像はゼロの状態で、このまま離れて一定時間が経過すると、通知が届く

 パソコンの電源をオフにしてしまうと使えないという弱点はあるが、そこも最大約20時間駆動という本機の特徴を生かし、基本的に本機をスタンバイモードにしておくかたちでカバーできるだろう。

長く愛用できる第11世代Core搭載マシン

 <LAVIE Pro Mobile PM750/BA>は、モダンなデザインと充実したインターフェース、ノートパソコンに求められる基本的な性能の高さを備えつつ、テレワーク向けの機能も充実させた、まさに“プレミアムモバイルノートパソコン”と謳うに相応しいモデルだ。

 第11世代Coreプロセッサー搭載機が充実してきたが、その中でも細かな作り込みが感じられ、次世代向けの機能を盛り込んでいるという意味で、長く愛用する普段使いのノートパソコンとして最適であり、ノートパソコンの買い替え時には、ぜひ候補に加えてほしいモデルに仕上がっている。

<LAVIE Pro Mobile PM750/BA>の主なスペック
CPU Core i7-1165G7(最大4.7GHz)、4コア/8スレッド
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス
メモリー 8GB
ストレージ 約512GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1、USB 3.1(Type-C)、USB 3.0(Type-C、USB Power Delivery 3.0対応、ACアダプタの接続ポート兼用、DisplayPort出力機能付き)、HDMI出力、ヘッドフォンマイクジャック、microSDメモリーカードスロット
サイズ/重量 およそ幅307.2×奥行216×高さ16.9mm/約955g
OS Windows 10 Home(64bit)

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月