前へ 1 2 次へ

モバイル用途を考慮した堅牢性や充実したインターフェースなどもポイント

第11世代Core搭載、仕事や勉強に役立つ性能とコンパクトサイズがうれしすぎる12.5型ノートPC<LAVIE N1275/BA>

貝塚 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

<LAVIE N1275/BA>

 <LAVIE N1275/BA>は、NECパーソナルコンピュータが販売する12.5型ノートパソコン。小型の筐体に第11世代のインテルCoreプロセッサーを搭載し、高い処理性能と携帯しやすさを実現したモデルだ。仕様や外観を中心に、その魅力を紹介したい。

適度なサイズ感で使いやすさ抜群

 試用した<LAVIE N1275/BA>の主なスペックは、Core i7-1160G7(4.4GHz)、インテル Iris Xe グラフィックス、8GBメモリー(LPDDR4X)、512GB SSD(PCIe)となっている。そのほか、Wi-Fi 6(2.4Gbps)、「Windows Hello」に対応した顔認証カメラの搭載などがスペック上の特徴だ。

 サイズはおよそ幅289×奥行き192×高さ18mm、重量はおよそ953gで、13.3型や14型クラスのノートパソコンと比較すると、明らかにコンパクトだ。フットプリントだけで見ると、およそ幅289×奥行き192mmであり、これはJIS規格のA4版である297×210mmよりも、ちょうどひと回り小さい。つまり、A4サイズのファイルなどが収納できるカバンであれば、<LAVIE N1275/BA>も収納できることになる。

 13.3型や14型のノートパソコンを携帯するためには、ブリーフケースやバックパックを用いることが多いと思うが、<LAVIE N1275/BA>の大きさなら、よりコンパクトで、よりカジュアルなバッグでも携帯しやすい。

Core i7-1160G7を搭載する<LAVIE N1275/BA>。ディスプレーは12.5型で、13.3型や14型クラスのノートパソコンと比較してかなりコンパクトだ。携帯するのに最適なサイズといえる

 かつ、試用している<LAVIE N1275/BA>は、性能的にも充実しており、軽い動画編集までこなせる処理性能を備えている。12.5型のディスプレーながら、解像度は1920×1080ドットのフルHDを確保している点もポイント。画素密度で表せば176ppi相当で、精細だ。

 さらに、バッテリー駆動時間も最大で11.2時間となかなかの長寿命。たとえば大学の授業で活用しようとした場合、1コマが90分+10分のインターバルとして、5時限まで授業をとっている日に使うと、100分×5+昼休憩60分=560分となり、時間に置き換えると約9.3時間となる。

 使用状況でバッテリーに多少のロスが発生することを考えても、朝、フル充電状態で家を出て、夕方に授業が終わって帰宅するまで、バッテリーが持続することになる。

バッテリー駆動時間は最大で11.2時間。使用状況にもよるが、ほぼ1日活用できそうだ。本機をどこかへ持ち運びする際は、念のため付属のACアダプターを持っていくといい

 ふだん使っているカバンにサッとしまえて、どこへでも持っていけそうなコンパクトさを持っていながら、より大型のノートパソコンと性能的には差がない点が、<LAVIE N12>の大きな魅力となっている。

 コンパクトながら、キーピッチはおよそ18.7mm、キーストロークはおよそ1.4mmと、より大型のノートパソコンと同等の打鍵感を確保している点もポイント。キーボードフレームが筐体のギリギリまで攻めていて、手が大きくても、窮屈感はない。

大型のノートパソコンと同じぐらいの打鍵感を確保。クリックボタン一体型のトラックパッドを採用している

 反対に、トラックパッドは最近のモデルにしてはやや小さめだが、クリックボタン一体型になっており、操作性はいい。キーボードに手を置いたときに、自然に親指が伸ばせる場所にレイアウトされているので、少ない手の動きで操作できると感じた。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月