このページの本文へ

3月12日に発売

ソニー、映画制作向け技術を搭載したフルサイズ4K動画カメラ「FX3」

2021年02月24日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタル4Kビデオカメラレコーダー「FX3」

 ソニーは、映像制作用カメラシリーズ「Cinema Line(シネマライン)」で最小最軽量となる、フルサイズイメージセンサー搭載レンズ交換式カメラ「FX3」(ILME-FX3)を発表した。価格は50万4900円で、3月12日に発売する。

ボディー

プロの動画撮影に配慮した多彩なボタンを配置

3.0型タッチパネルを搭載

 FX3は、CineAltaカメラ「VENICE」の開発を通じて映画制作の現場から得られた知見と、デジタル一眼カメラαのデジタルイメージング技術を融合し、シネマの印象的な映像表現を小型軽量ボディーで実現するという製品。SNSや動画投稿サイト向けに、ウェブ広告やプロモーション映像用などの動画コンテンツを本格的なシネマの映像で撮影する、クリエイター向けのカメラ。

 35mmフルサイズ有効約1026万画素裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(エクスモアアール)を搭載し、高感度・低ノイズ性能と15ストップを超える広ダイナミックレンジ、浅い被写界深度を活かしたぼけ描写が可能とする。

 映画制作の現場の知見を得て培った画づくりであるS-Cinetone(エスシネトーン)を搭載することで、人肌の中間色を表現力豊かに、被写体を美しく際立たせる自然なトーンで撮影。さらに、4Kで最大毎秒120フレームのハイフレームレート動画撮影に対応し、最大5倍の滑らかなスローモーションなどの映像表現が可能。

 一眼カメラスタイルのボディー形状で、およそ幅129.7×奥行き84.5×高さ77.8mm、重さおよそ715gとシリーズの中で最も小型・軽量。手持ちやジンバル撮影に対応し、ソロシューティングや小規模プロダクションでの制作時でも取り回しよく使えるという。小型・軽量を追求した一眼カメラスタイルのボディーに、直接アクセサリーを装着可能なネジ穴(1/4-20 UNC)を配置したほか、着脱可能なXLRハンドルユニットを同梱し、被写体や撮影意図に合わせた撮影スタイルを選択できる。

 また、ハイフレームレート撮影時にも対応するリアルタイム瞳AFなどの高精度かつ滑らかなAF性能や、光学式5軸ボディー内手ブレ補正機能の補正効果を向上させるアクティブモードで、さまざまな撮影条件に対応する。

グリップ上部にズームレバーを配置

 ズームレバー・ボタン・ダイヤルを片手で素早く効率的に操作できるように、グリップ側にまとめて配置したほか、新開発の冷却ファンを搭載し、サーマルシャットダウンのない長時間の4K60p記録を可能にする放熱性能を備える。本機はEマウント対応で幅広いレンズと組み合わせられる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン