このページの本文へ

5G経由で災害対策本部や救助隊などに配信

被災地の8K映像を5Gライブ配信、富士通など6団体が実験

2021年02月22日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8Kカメラと5G送受信機搭載のドローン2機、天井には5G送受信機

 富士通など6団体は2月19日、「4K8K高度映像配信システム」を活用し、5G経由で8K超高精細映像を送受信する技術実証実験を2月15日~17日に実施したと発表した。

 本実証実験は、総務省の実証事業「4K8K高度映像配信システムの産業横断的な活用に向けた調査研究」の一環として、緊急災害時の救助や避難誘導などをより正確に、かつ迅速に行なう目的で実施。ドローン搭載の8Kカメラは、被災状況を短時間で広範囲に詳細に撮影でき、5G経由で災害対策本部や救助隊などに配信することで、災害発生時の課題解決に役立つという。

 今回は、仙台市の「近未来技術実証ワンストップセンター」の協力のもと、東日本大震災の被災地の荒浜地区や作並地区などを1月にドローンで撮影した8K映像(被災地想定)を、京都府の「けいはんなロボット技術センター(被災地想定)」内の実験施設で、ドローンよりNTTドコモの5Gでアップリンク伝送し、神奈川県にある本システムを経由して、東京都の「ドコモ5GオープンラボYotsuya(災害対策本部想定)」にダウンリンク配信し、大型の8Kディスプレーに上映して画質の劣化や遅延等について検証した。

 さらに、将来的に現場の救助隊などが持つタブレットを想定したモニター(救助隊想定)には、広域な8K映像の一部(救助隊が見たいエリア)を切り出して表示した。各社・機関の役割は以下の通り。

映像配信高度化機構:4K8K高度映像配信システムの供出。実証取りまとめ。
三菱総合研究所:実証事業の請負、取りまとめ。
NTTドコモ:5Gを含む回線の手配、供出。5G実験施設の供出。技術支援。
富士通:4K8K高度映像配信システムの開発支援、運用、システム設計、技術支援。
シャープ:ドローン搭載8Kカメラと5G送受信機の開発、供出、映像撮影、5G配信。
アストロデザイン:8K映像の切り出しシステムの開発、供出。

 3日間の実証実験の結果、想定される被災地域の8K映像を、本システム経由で想定上の災害対策本部や救助隊など複数拠点に、回線の混み具合により多少の遅延時間はあったものの高画質のまま伝送できたという。被災地の状況を広範囲に8K高精細映像で把握できることが確認された。

ドコモ5GオープンラボYotsuya(災害対策本部想定)にダウンリンク配信

 今回の技術実証を踏まえてドローンや5Gネットワークを活用した4K8K高度映像配信システムの課題検証を進め、防災分野等産業横断的に利活用できるように取り組んでいくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン