このページの本文へ

テレワークでも活躍するパイオニアの外付けBDドライブ!アスキーの若手編集者も納得な、その魅力とは?

2021年02月24日 11時00分更新

文● 藤田忠 ●編集 ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

データの受け渡しに、テレワーク&趣味で大事なバックアップ

 主に毎週火曜日に発行している週刊アスキーの編集を務めるマブカハット。ライターからの原稿、カメラマンから送られてくる大量の写真データ、デザイナーから上がってくる入稿データと、日々雑誌を作るためのデータが蓄積していく。

 編集者という仕事は特殊だが、毎日仕事をしていれば、データが貯まっていくのは当たり前だ。そんな時でも光学メディアは活躍する。

ハッチ:昨今は社内外や友人など、データの受け渡しは社内サーバーや、クラウドサービス、ファイル転送サービスが主流だけど、万が一の流出を考えると怖いよね。やはり、セキュリティー面を考慮するなら、メディアでの受け渡しが安心だよ。

 実際、雑誌に掲載するアイドルやタレントさんの写真はカメラマンからCD/DVDメディアで納品されることも多いよね、光学ドライブを持っていないと困ることがあるんじゃないかな?

主に雑誌である週刊アスキーの編集を務めるアスキー編集部のマブカハット

マブカハット:確かに、今でも雑誌の入稿データは、印刷所にDVDメディアで配送することもありますしね。

ハッチ:会社に出社していた頃と違って、テレワークでは自宅で仕事に使うデータを扱うことも増えたので、バックアップも重要だよね。自宅のPC内のストレージに加え、外付けHDDや会社管理のファイルサーバーに日々バックアップ。そうしたデータも長期で保存して見返したい場合、週や月単位で光学メディアに保存する3重バックアップをしておけば、個人としてはかなり高レベルな保険の出来上がりだ。

 Windows 10では特別なソフトウェアも不要なので、書き込み対応の光学ドライブと、1枚25GBのブルーレイディスク(BD-R)などの光学メディアがあれば、USBメモリーなどと同じようにファイルの追加保存や削除が行なえるバックアップ環境を使えるのでオススメだよ。ただし、削除してもディスク空き容量は増えないので、注意が必要だよ。

 ちなみに、繰り返し書き込みできるメディアには、CD-RW(700MB)やDVD-RW(4.7GB)、BD-RE(25GB)/BD-RE DL(50GB)/BD-RE XL(100GB)もあり、これらであればファイルを削除するとディスク空き容量もその分増えるので、よりUSBメモリーに近い使い方ができるよ。

 繰り返し書き込みできるメディアでも、「ライブファイルシステム形式」とは別の「マスタ形式」で記録する場合は、ファイル単位での書き換えができず、メディア全体を削除→書き込みになるので保存する容量や、データの種類で使い分けると良いよ。

ファイル単位での追加、編集、削除が可能なWindows10標準機能の「ライブファイルシステム形式」で、手軽にバックアップだ

「ライブファイルシステム形式」を選択すると、ディスクのフォーマットが実行される。あとは、光学ドライブに書き込みたいファイルを右クリックメニューから「送る」や、ドラッグ&ドロップすればオッケー

処理に若干の時間は必要になるが、ディスクに書き込まれたデータは、SSD/HDDなどと同じようにファイル単位で削除できる

「ライブファイルシステム形式」とは別の「マスタ形式」は、汎用性が高く、Windows以外のOSやDVDプレイヤーなどの機器でも読み込める。なお、形式の変更はできないので注意したい

CD-RW/DVD-RW/BD-REなどは、ディスク全体をフォーマットすることで、繰り返し書き込むことができ、Windows10標準機能で使用できる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン