このページの本文へ

事前登録した法人は一定期間無料でサービスを利用可能

ソースコード流出を検知&通知 「LeakCop」の事前登録受付が開始

2021年02月01日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メタエクスは2月1日、プログラムのソースコード流出を検知するウェブサービス「LeakCop(リークコップ)」の事前登録受付を開始した。

 事前登録した法人は、サービス開始後、一定期間無料で本サービスを利用できる。サービス開始は3月を予定している。事前登録はこちらから。

 LeakCopは、主要なソースコード共有サービス「GitHub」を監視し、本来公開されてはならないコードが公開された際にユーザーに通知することで、コードの流出を早期発見できるサービス。

 利用方法は、監視用のキーワードを設定するだけ。キーワードの設定後、ソースコードの流出を自動でモニタリングし、流出を検知した場合にはメールまたはSlackでユーザーに通知する。

 たとえば、自社の会社名などを含むソースコードのコピーライトを登録すれば、コピーライトが含まれるコードが公開されていないかを、ユニークなソースコードの一部を登録すれば、当該コードが公開されていないかを監視できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン