CFD販売、GeForce RTX 3090/GeForce RTX 3060 Ti搭載のGIGABYTE製ビデオカードを発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シー・エフ・デー販売は1月28日、GIGABYTE製のビデオカード2モデルを発売すると発表した。

 ラインアップは、GeForce RTX 3090搭載の「GV-N3090AORUS M-24GD R2.0」と、GeForce RTX 3060 Tiを搭載する「GV-N306TGAMINGOC PRO-8GD R2.0」の2モデル。いずれも2月上旬に発売予定だ。

GV-N3090AORUS M-24GD R2.0(GeForce RTX 3090搭載)

 GV-N3090AORUS M-24GD R2.0は、115mmと100mmのオリジナルブレードスタックファンを搭載する大型空冷ファン「MAX-COVERED クーリング」を装備。ヒートシンク全体をカバーし、高い冷却性能を発揮するとしている。

 主なスペックは、コアクロックが1785MHz、メモリークロックが19.5Gbps、メモリービット幅が384bit、メモリーサイズが24GB、メモリー規格がGDDR6X。出力端子はDisplayPort 1.4a×3、HDMI 2.1×2、HDMI 2.0×1を装備する。予想実売価格は25万7180円前後。

GV-N306TGAMINGOC PRO-8GD R2.0(GeForce RTX 3060 Ti搭載)

 GV-N306TGAMINGOC PRO-8GD R2.0は、80mm×3のオリジナルブレードファン、オルタネイトスピニング、5本の複合銅ヒートパイプ、大型銅板ダイレクトタッチGPU、3Dアクティブファン、スクリーンクーリングなどの機能を備え、高効率の放熱を実現した「WINDFORCE 3X 冷却システム」を搭載する。また、複合ヒートパイプを組み合わせた大型の銅板は、内部コアから発生した熱を効率よくヒートシンクに伝えるとのこと。

 主なスペックは、コアクロックが1770MHz、メモリークロックが14Gbps、メモリービット幅が256bit、メモリーサイズが8GB、メモリー規格がGDDR6。出力端子はDisplayPort 1.4×2、HDMI 2.1×2を装備する。予想実売価格は7万2380円前後。

 なお、両モデルともOCモードとサイレントモードのデュアルバイオスを搭載する。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月