前へ 1 2 3 次へ

GIGABYTEのMini-ITXマザー「A520I AC」で作る温かみ溢れる“コタツPC”

文●林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

冬なので体が温まるような企画を!
ということでPCをコタツ化してみた

 AMD A520チップセットは、エントリー向けにラインナップされたチップセットだ。価格帯は1万円以下が多く、リーズナブルにPCを組みたい人にピッタリなのだが、低価格帯になるため耐久性が気になる人もいるだろう。というわけで、今回はGIGABYTEのA520搭載Mini-ITXマザーボード「A520I AC」のしぶとさを見てみよう。まずは以下の13秒の動画をチェックだ。

 要は、夏に検証した冷蔵庫PCをもっと改良しようと画策していたところ、編集長をはじめ各所から「もう冬だし冷蔵庫PCは読んだだけで体が寒くなる。やるならほっこり温まるような企画にして!」ということで、「だったらPCの排熱を利用した“コタツPC”を作ろうぜ!」となった。さっそく実験してみることにしよう。

はたしてPCの排熱で体は温まるのか?

高温下の環境で堅牢性と信頼性を証明することになる
マザーボード「A520I AC」

 GIGABYTE「A520I AC」は、Mini-ITXとしては実売価格1万4000円前後と安価な部類に入り、CPUもしくはAPUとのセット割で1万円~1万1000円付近に着地しやすい。小型PCにトライしたいがMini-ITXマザーボードの価格が予算的に厳しいといった人にジャストフィットだ。

AMD A520チップセットを搭載するGIGABYTEのMini-ITXマザーボード「A520I AC」。実売価格1万4000円前後とA520搭載Mini-ITXとしては最安クラス

 もちろん、ただ安いだけでなく、ゲーミングマザーボードの仕様をいくつか搭載しており、GIGABYTEの品質基準Ultra Durableに準拠しているため、簡素な見た目ながら高い耐久性を有しているのが特徴といえる。

 まず電源フェーズはデジタルPWMとDrMOSの4+2構成で、カタログスペックでは最大330Aまでの供給に対応し、耐久性があり長寿命の固体コンデンサーを採用している。VRMの冷却に大型ヒートシンクを備え、サイドフローもしくはトップフロー空冷クーラー使用時の冷却効率を高めているため、やや冷却に気をつかうことになるが、Ryzen 9 5950Xも定格ならばOKだ。

デジタルPWMコントローラーとDrMOSによる、4+2フェーズのデジタルCPU電源設計を採用する

 温度センサーはCPUソケット、チップセット、PCIeレーンに1基ずつ、VRMに2基の計5基と搭載。ファンヘッダも3ポートあり、分岐ケーブルがなくとも十分な冷却環境を作りやすい。

 GUGABYTEの独自品質基準であるUltra Durableの要素として実装されている機能を見ていくと、まずPCIeスロットの堅牢性を向上させたDouble Locking Bracketがある。スロットに支持体を差し込むことで、重量級ばかりになったビデオカードの重量からコネクターを保護してくれる。

PCIeスロットの堅牢性を向上させるDouble Locking Bracket

 次に24ピンと8ピン電源コネクターに施されたSolid Pin。ピンの途中に途切れや凹凸がない形状になっており、さらにメッキ処理で接点電気抵抗を低減しつつ、発熱の抑制を実現したもので、ゲーミング向けのマザーボードでもおなじみの仕様だ。

接点電気抵抗を低減しつつ、発熱の抑制を実現するSolid Pin

 またマザーボード上に点在する抵抗器にも、破線や短絡を防ぐアンチサルファー(抗酸化)処理を施しており、低価格帯マザーボードとは思えない力の入れようだ。

空気中の硫黄化合物は、小さなオンボード抵抗器に浸透して化学変化を起こし、抵抗器を破損や短絡させる可能性があるという。そこで抵抗器にアンチサルファー処理を施しているわけだ

 最後にQ-FLASH PLUS。これはマザーボードと電源だけあれば、USBストレージ経由でBIOSアップデートができる機能になる。うっかり衝動買いをしてしまった帰り道に、CPUは認識するんかこれと悩む必要はなくなるのだ。

CPUやメモリーが取り付けられていない状態でも、USBメモリーだけで最新のBIOSに更新できる

 インターフェースは、SATA×4、M.2スロット×1。M.2はPCIe Gen3対応となるが、Gen4対応M.2の登場により容量1TBも手頃な価格になっており、SATAよりも速く、かつ容量を得たいのであればほどよい。映像出力はDisplayPort 1.4×1、HDMI 2.1×2で、3画面出力にも対応する。

 USBはリアI/OにUSB 3.2 Gen1×4(CPU)、USB 2.0×2(Chipset)。ピンヘッダはUSB 3.2 Gen1とUSB 2.0。ワイヤレスはWi-Fi5、Bluetooth 4.2。マグネック付きのWi-Fiアンテナも付属する。

映像出力としてHDMI×2とDisplayPort×1を備える

Wi-Fiアンテナが付属するのがうれしい。コタツ内でもしっかりWi-Fiを拾えるぞ

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月