このページの本文へ

KDDI、「ヘリコプター基地局」の実証実験に成功

2021年01月22日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとKDDI総合研究所は1月21日、災害時にヘリコプターを携帯電話の基地局 として活用する実証実験に成功したと発表した。

 およそ7kgまで小型・軽量化した携帯電話基地局をヘリコプターに載せ、上空から携帯電話エリア外の一部をエリア化する。au商用網への通信を確保し、離れた場所にいる人への通話やメールなどを可能する。さらにヘリコプター基地局の移動管理機能により、携帯電話から発信される電波を補捉して携帯電話の確認や位置推定も行なえるため、被災者の携帯電話の位置推定も可能となる。

 実証実験は1月15日に鹿児島県薩摩川内市鹿島町 (下甑島中ノ浦港)にて実施、遭難者捜索および救助に関わる通信の提供を迅速に行なうことができることを確認した。

 KDDIとKDDI総合研究所では、実証実験で得られた知見をもとに、国や自治体と連携しながら災害時におけるエリア復旧や救助活動への活用を目指すとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン