このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あの橋本梨菜に一大事!? 「自然光だけで日本一黒いを保つ信念は曲げません」

2021年01月21日 20時00分更新

文● 清水 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本一黒いグラドルの橋本梨菜(はしもと・りな)さんが、17th BD&DVD「リナに気付いてっ!」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:BD 138分、DVD 129分、価格:BD 5280円、DVD 4180円)の発売記念イベントを1月16日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 9月に沖縄で行なわれた今作のロケで、しっかり肌を焼くことができたという橋本さんだが、コロナ禍でこの日焼けが最後に……。日増しに肌が白くなっているそうだ。確かに昨年よりも白いと思う。これは一大事かっ!?

――まずは作品について聞かせてください。

【橋本梨菜】私は沖縄に住むエステティシャン役。仕事で沖縄を訪れた方(=視聴者)が滞在するホテルに呼ばれ、癒やしていくうちに仲よくなる展開です。

――特にオススメしたいのは?

【橋本梨菜】働くエステサロンのコスプレデーという設定で、制服を着るシーンです。お客さんと一緒にお風呂に入って制服が透けるのですが、大人になってからの濡れた制服姿はエッチだと思います。

――初めて挑戦したことはありますか?

【橋本梨菜】酔っ払って寝ちゃうシーンで体に氷を這わせました! こういうセクシーな小道具は避けていたので恥ずかしいですが、映像を観たらすごくセクシーでした(笑)。

――さて、肌が白くなったことについて。日サロで焼いたら戻るのでは?

【橋本梨菜】それで肌を黒くするのは、誰でもできると思うんです。私は自然光だけで日本一黒いを保つという信念を曲げません。コロナが落ち着いたら焼きに行きます!

 なるほど、日本一黒いという看板は伊達じゃない。日サロを利用している犬童美乃梨さんや葉月あやさんには、もう黒さで越されているそうだが、自然光にこだわる点は立派だ。「グラビア活動を続けながら、新しいことに挑戦したいです。日々進化したい!」と2021年の抱負も元気に語った。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ