• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PC、Nintendo Switch、PS4、スマートフォンなどで使用可能!

USBドングルで低遅延を実現した完全独立型のゲーミングイヤフォン「EPOS GTW 270 Hybrid」

2021年01月21日 17時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「EPOS GTW 270 Hybrid」

 EPOS Japanは1月21日、USBドングル/Bluetooth接続でデバイスと接続可能なゲーミング向けの完全独立型イヤフォン「EPOS GTW 270 Hybrid」、USBドングルは付属せずBluetooth接続のみの「EPOS GTW 270」を発表した。

 EPOS GTW 270 Hybridは、USB Type-CドングルとAptX 低遅延コーデックにより、「ゼロレイテンシー(遅延なし)」が求められるゲーミングに最適という完全独立型のゲーミングイヤフォン。USB Type-CドングルはパソコンやNintendo Switch、Androidoスマートフォンで使用可能なほか、付属のUSB Type-C→Type-Aケーブルを使用すれば、PlayStation 4などでも利用できる。加えて、Bluetooth 5.1に準拠しているので、スマートフォンなどとBluetoothで接続することも可能となっている。

USB Type-CドングルとAptX 低遅延コーデックにより、「ゼロレイテンシー(遅延なし)」が求められるゲーミングに最適という

 複数のサイズが付属するイヤーチップは、同社独自のエルゴノミック形状を採用し、遮音性に優れるほか耳の形に快適にフィットするという。このイヤーチップは、EPOSの親会社のDemantが提供する、80万にもおよぶ耳のスキャンデータのデータベースを活用して、EPOSのエンジニアがデザインをテストして開発されたとのことだ。

イヤーチップは同社独自のエルゴノミック形状を採用

 また、同社独自の小型オーディオドライバーにより、パワフルな低音域、自然な中音域、鮮明な高音域を実現しているという。さらに、イヤフォンにはデュアルマイクを内蔵し、周囲のノイズを低減させた明瞭なコミュニケーションも可能だとしている。

ポータブル充電ケースを使用すれば、最大20時間使用可能

 そのほか、90分の充電で最大5時間まで連続使用できるほか、ポータブル充電ケースを使用すれば、最大20時間まで延長できる。小雨や汗から保護するIPX5の防水仕様にも準拠している。

 EPOS GTW 270 Hybridは、1月21日より販売開始予定で、実売価格は2万6800円、EPOS GTW 270は、1月21日より先行予約の受付を開始し、実売価格は2万2800円。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう