このページの本文へ

​​バッファロー、Windows Server IoT 2019 for Storage Standard搭載NAS「WS5220DNS9シリーズ」発売

2021年01月20日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ​​バッファローは1月20日、法人向けNAS製品「WS5220DNS9シリーズ」を発売した。

 Windows Server 2019をベースにストレージ用途に限定して機能を絞り込んだ組み込みシステム向けOS「Windows Server IoT 2019 for Storage Standard」を搭載。Active Directoryサーバーに登録されているアカウント情報を利用したファイルやフォルダーのアクセス制限に対応しており、一元管理によって導入・管理の手間が省略できるほか、ユーザー・グループ数も無制限で対応できるため大規模な環境にも適用可能。

 10GbE/5GbE/2.5GbEを標準搭載しており、LANカード増設なしに高速イーサネットに対応。8GBのECCメモリーの搭載により安定した動作を可能とする。各種データ保護機能、インターネット経由で自動同期機能、2台を用意することで同時にデータを保存する機能などが利用できる。

 NAS向けに設計された専用HDDを採用、交換用HDDも用意される。8TB/4TB/2TBモデルがラインアップ。価格は8TBモデルが25万3000円、4TBモデルが21万4500円、2TBモデルが20万1300円。

カテゴリートップへ

ピックアップ