このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Razer純正PCケースで組むハイスペックゲーミングPC

大満足の性能&見た目に! マイデスクに欲しいRazer Tomahawk PC

2021年01月13日 13時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本特集の第1回で、2021年のゲーミングPC自作の定番PCケース候補と言えるRazer印の「Razer Tomahawk ATX」の魅力を紹介した。第2回では、その魅力あるPCケースと組み合わせたい自作PCレシピを、数多くのPC構成を提案、組み上げているTSUKUMO eX.6階スタッフ石井さんに考えてもらった。

 第3回となる今回は、その自作レシピで実際に組み立ててみて、改めて見えてくる良い点、悪い点をレビューしていこう。

組みやすさが抜群のRazer Tomahawk ATX

 1ヵ所のスペーサー(スタンドオフ)の先端が凸形状になっており、ネジを使わずにマザーボードを仮止めできるといった小さなポイントを含め、総じて組みやすいと感じた「Razer Tomahawk ATX」。

 組み立て工程に特別な点はなく、CPU、メモリー、CPUクーラーマウンターなどをマザーボードに取り付ける“マザーボードの下ごしらえ”と、両サイド強化ガラスの取り外しをはじめ、電源ユニット、ラジエーター、ファンの取り付けといった”PCケースの下ごしらえ”を行ない、2つを組み合わせるという流れは同じだ。

 NZXTの水冷クーラー「KRAKEN Z63」は、マザー標準付属のCPUクーラーバックプレートを流用するなど、取り付けは比較的簡単だが、フロントへのラジエーターとファンの取り付けは、若干手間取るかもしれない。ケースマウンター部をラジエーターとファンで挟み込んで固定する必要があるからだ。

 とはいえ難易度は高くないので、"下ごしらえ"でつまずくことはまずないだろう。なお、PCケースのトップにラジエーターを取り付ける場合は、マザーボードをPCケースに収めてからにしよう。そうしないとマザーボードが収まらない。

 今回の構成に限らないが、Socket AM4のCPUクーラー取り付け時のコツとして紹介したいのが、CPUクーラーバックプレートのマスキングテープ固定だ。標準バックプレートを流用するCPUクーラーの取り付け、換装がグッとラクになるのでおすすめだ。

Ryzen 9 5900Xや、メモリーをマザーボードに取り付ける

NZXT「KRAKEN Z63」の固定マウンターも取り付けておこう

標準CPUクーラーバックプレートは、マスキングテープで固定しておくと作業がラクになる

M.2 SSDの980 PROも取り付けすれば、マザーボードの下ごしらえは完了だ

フロントに、ラジエーターとファンを取り付け

「KRAKEN Z63」の280mmラジエーターは、ギリギリだがフロントボトムのカバーを取り外すことなく収められた

裏面の2つのケーブルカバーも取り外し。フロントインターフェースの各種ケーブルは、ほぐしておこう

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中