このページの本文へ

最短15分でご飯とおかずが同時にできる弁当箱サイズの2段式高速炊飯器

2020年12月17日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 炊飯とおかずの温めを同時にこなしてくれる、弁当箱サイズの高速炊飯器「お米もおかずもこれ一台!2段式超高速弁当箱炊飯器」がサンコーから発売。サンコーレアモノショップにて7980円で販売されている。

こんなサイズなのに、れっきとした炊飯器。お米を炊くだけでなく、おかずも調理できる一人二役な新型が登場した

 サンコーから昨年12月に発売され、売上がシリーズ累計8万台を突破した「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」の後継モデル。モバイル可能な弁当箱サイズと高速な炊飯機能はそのままに、同時におかずも調理可能な2段重ね構造にレベルアップしている。

 新モデルには、炊飯時の水蒸気で同時におかずを調理できる最大400mlの「おかずトレイ」が付属。トレイにレトルトカレーやどんぶりの素を入れて温めたり、餃子や野菜を入れて蒸すことができる。オフィスでご飯とおかずの両方を調理できるというのは、なんともステキだ。

最大一合炊きの炊飯器。その上におかずトレイを備え、炊飯の蒸気でおかずの温めができる

先代と比べると、おかずトレイの分背が高くなった。おかずも同時調理したい人は、新型の方を選ぼう

 炊飯釜は最大1合まで炊飯可能で、0.5合炊飯時15分、1合炊飯時20分で炊き上げることができる。底面に搭載した強力ヒーターが釜の側面までしっかり加熱、高速で炊飯してくれる仕組みだ。

 炊飯釜やトレイはそのまま器として使用可能で、丸洗いもOK。本体サイズは幅240×奥行き100×高さ113mm、重さ877g。製品には50mlの計量カップと収納ポーチも付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン