Razer「Tomahawk ATX」、「Tomahawk Mini-ITX」

Razer初のゲーミングPCケース「Tomahawk」が発売

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーミングデバイスメーカーRazerオリジナルのゲーミングPCケース「Tomahawk」シリーズが発売された。ラインナップはE-ATX対応の「Tomahawk ATX」(3万800円)とMini-ITX対応の「Tomahawk Mini-ITX」(2万7800円)の2モデル。

ゲーミングデバイスメーカーRazerオリジナルのゲーミングPCケース「Tomahawk」シリーズ

 どちらの製品も、両サイドのガラスパネルがスイング式で容易に開閉する仕組み。パーツの組み込みやメンテナンスも簡単に行なえる。また、底面にはRazer Synapse 3で制御可能なRGBイルミネーション機能を備える。

E-ATXフォームファクターまで対応するタワー型の「Tomahawk ATX」

 「Tomahawk ATX」のスペックはベイ数が2.5/3.5インチシャドウ×3、2.5インチシャドウ×2、拡張スロットは7。冷却ファンはトップ120/140mm×2、フロント120mm×3または140mm×2、リア120mm×1、電源カバー120mm×2。ラジエーターは360mmまで、CPUクーラーは高さ176mm、ビデオカードは長さ384mm、電源ユニットは奥行き210mmまで対応。本体サイズは235.4(W)×475(D)×494.6(H)mmで、重量は13.5kg。

両サイドのガラスパネルがスイング式で容易に開閉する

 「Tomahawk Mini-ITX」のスペックはベイ数が2.5インチシャドウ×3、拡張スロットは3。冷却ファンはトップ120mm×2、フロント120mm×1、リア120mm×1。ラジエーターは240mmまで、CPUクーラーは高さ165mm、ビデオカードは長さ320mm、電源ユニットはSFX/SFX-Lに対応。本体サイズは206.2(W)×367.2(D)×321.5(H)mmで、重量は5.8kg。

Mini-ITXフォームファクター用の「Razer Tomahawk Mini-ITX」

 販売しているのはパソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

電源ユニットはSFX/SFX-Lに対応するコンパクトモデル

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月