このページの本文へ

Antec「DP502 FLUX」

9基の120mmファンが搭載可能なハイエアフロー仕様のケースがAntecから

2021年01月07日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecから、最大9基の120mmファンが搭載可能なハイエアフロー仕様のミドルタワーPCケース「DP502 FLUX」が発売された。カラーはブラックとホワイトの2色が用意される。

最大9基の120mmファンが搭載可能なハイエアフロー仕様のミドルタワーPCケース「DP502 FLUX」。フロントの一部にはドアを備える

 冷却力を追求する独自プラットフォーム「FLUX」(Flow LUXury)に基づき、フロントにアドレサブルRGBファン3基(ホワイト「DP502 FLUX WHITE」は非アドレサブルRGB仕様)のほか、リア120mm×1、ボトムカバーの120mm逆回転ファン×1を標準搭載するハイエアフロー仕様のミドルタワーPCケース。5インチベイを取り外せば最大で9基の120mmファンが搭載可能だ。

冷却力を追求する独自プラットフォーム「FLUX」を採用。ハイエンド構成でもしっかり冷却してくれる

 内部に最大6基のファンとARGB LEDを制御できるコントローラーを内蔵。フロントのLEDスイッチから制御できるほか、各社マザーボードの制御にも対応する。また、ケースフロント、ボトム、トップと右サイドパネルの開口部にそれぞれ着脱式のダストフィルターを備えている。

ボトムカバーの120mm逆回転ファンはビデオカード冷却用。5インチオープンベイを備える点も特徴だ

 ベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドウ×1、2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×3、拡張スロットは7段。搭載可能なビデオカードが全長405mm、CPUクーラーが高さ175mm、電源ユニットが奥行き205mm。本体サイズは220(W)×463(D)×486(H)mmで、重量は約7.55kgとなる。

 価格はブラック「DP502 FLUX」が1万1480円、ホワイト「DP502 FLUX WHITE」が1万980円。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中