Ubieの問診エンジンを利用した「AI受診相談システム」が海老名市にて利用開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Ubieは12月9日、同社が開発した「AI受診相談ユビー」を活用した「AI受診相談システム」が海老名市にて利用開始されたと発表した。

 AI受診相談システムは神奈川県海老名市において、海老名市・海老名市医師会・海老名総合病院が2020年12月9日より開始。体調に不安を抱える市民がスマホやパソコンなどから同市ウェブサイトのシステムでAIが個別に出す20問程度の質問に回答すると、症状と位置情報に基づいて近隣の受診先などを表示する。

 新型コロナウイルス感染症に関連する発熱等の症状があった場合は、医療機関を受診する前の振り分け機能として市が特設するコールセンターに繋ぐ。新型コロナウイルス感染疑い患者が突然来院することによる医療機関の負担を軽減しながら、市民の健康への不安を和らげ、「受診控え」による重症化を防ぐ効果が期待できる。システムは無料で利用でき、個人情報の登録も不要。

 UbieのAI問診ユビーおよびAI受診相談ユビーの問診エンジンを活用している。

 まず、海老名市医師会と海老名総合病院のもとでシステムを展開。今後はさらに多くの市内医療機関との連携を強化し、市民に最適な医療機関を案内できる仕組みを整えるという。また、今回の取り組みが機能して新たな「医療のかかり方」モデルケースが構築できたあかつきには、本システムを他の地域にも展開していく予定としている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月