このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

歌手May'nさんが語る、美しいイヤホン「Adonis」

2020年12月06日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音作りに終わりや正解がないと実感できた

── イヤホン開発にかかわられて感じたことがあれば教えてください。

May'n イヤホンができていく過程を知ることには刺激がありました。「デザインって、こう仕上がっていくんだ」という体験ができましたし、音も複数の候補があり、「どれもいいけど、この音が好きかな」といった意見を出して選ぶことができました。

 特に、音作りには本当に“終わり”や“正解”がないことを実感しました。ここが私自身の刺激にもなったし、何より「オーディオって楽しいな」と思えた部分です。聞いたサンプルは、全部良かったんですよ。だけど、好みの差は出る。それを探すのが面白いし、J-POP、ロック、クラシックなど、自分が一番よく聞く音楽はどれかで、合うものも違ってくるはずです。それぞれの環境、好きな音楽に合わせて、最高の音を選ぶのは本当に楽しいなって思います。

 もともといい環境で音を聴くのが好きだったのですが、この出会いによって改めて、その素晴らしさを教えてもらったような気がします。

── ご自身の曲をAdonisで聴くとしたら、どこに注目してほしいですか?

May'n 「15Colors」で言えば、”15Colors -unplugged-“ですね。生楽器を使っているので、ストリングスのエアー音とか、ギターの本当に聞こえるか聞こえないかぐらいの微妙な指の感じ、弦にほんの少しだけ触れる感じなどが、このイヤホンなら楽しめると思っています。ここがスピーカーから何となく音を聴くのとは全然違う点です。

 「そうそう、ここがこだわっていた音だ」という気付きがあって、現場で作業を進めていたときの記憶が蘇ったりもします。音楽を作っている側から見てもお墨付きを与えるような仕上がりになっていると思いますよ。

── 最後にアンバサダーに就任された抱負をお願いします。

May'n 私自身、嬉しい気持ちでいっぱいです。QoAは女性の方が立ち上げたブランドだけに、女性なら絶対にかわいいと思えるデザインになっていると思います。でも男性でも使えるデザインだと思いますね。つまり、男女ともに使えるんで、私のファンの皆さんは、必ずゲットしていただきたいです! そしてこれが好評なら、アンバサダーを続けられるかもしれないので、ぜひMay'nのファンの皆さんは、たくさん買ってください~(笑)。

── Adonisを手に入れた後は、イヤピースを交換してみるなど、自分好みのカスタマイズに挑戦するのも楽しいかもしれません。本日はありがとうございました!

彩りあるデザインのイヤホンで、彩りある15曲を

 15周年記念として、11月から配信サイトで提供している“15Colors”は、15曲を「15Colors -soul tracks-」「15Colors -unplugged」「15Colors -nu skool-」の3つのミニアルバム(各5トラック)にまとめたミニアルバム。soul tracksは自身のルーツともいえるダンスミュージックを集め、unpluggedは声をクローズアップ、ネットで話題のサウンドプロデューサーとコラボしたこれまでにない楽曲に挑戦している。

 15Colorsというアルバム名が示す通り、さまざまなプロデューサーと協業し、それぞれ味わいの異なる15通りの彩りを持つ楽曲が用意されている。各楽曲のダイジェストはYouTubeで試聴できるので、興味がある人は視聴してほしい。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン